1. トップ
  2. グッズ

コストコ肉の冷凍にぴったり!ストレッチタイトフードラップ

2020.01.18
  • この記事を
    シェア

若松美穂のおいしい生活主婦業のかたわらエッセイストとしても活動する若松美穂さんが、楽しく、豊かに暮らすためのさまざまな工夫をつづります。

食材の冷仕分けが手間なくできる。コストコの「ストレッチタイトフードラップ」

ストレッチタイトフードラップ2個仙台の兄家族のところに遊びに行ったときのこと。
フレンチの料理教室を開いている義姉が使用しているのを見て、「うわ~、これは便利」と感動したのが、コストコの「ストレッチタイトフードラップ」です。

私も買ってみました! 使ってみました~!!

ストレッチタイトフードラップとカット部分になるブルーの棒2個入りで、箱の中(ラップの筒の中)に、カット部分になるブルーの棒のようなものが入っています。

それを、手前の紙部分を挟むように取りつけます。

トレーの上の肉わが家はコストコのミスジ肉やヒレ肉が大好きで、ときどき購入します。でも、一度に使う量は2~3枚。
残りはすべてラップに包み冷凍庫へしまいます。

ラップの上に肉をおく以前なら、初めから何枚もラップを切り、くっつかないように、並べておくか、その都度ラップのケース持ち上げる必要がありました。

でもこちらは、ラップケースを置いたまま、手間に両手でラップを引き、お肉を乗せ、クルクルと巻くだけですみます。

ラップの青い部分を指で右へ動かすしかも、カット部分についている青いプラスチックを、指1本で右へ左へ動かすだけで、キレイにラップが切れてくれるんです。
めちゃくちゃ省エネ(笑)助かります。

ラップで包まれた肉4つ密着度も高く、お肉にもピターッときれいにくっついてくれます。

電子レンジは使用できないですし、横幅も広いので、使い分けがおすすめ。私も普段は、一般的なミニラップなどを使用しています。
このラップは、どちらかというと、外出した際に購入する各地区のお野菜や、地元宮城から届けていいただいた生もの、ふるさと納税で返礼品に選んだお肉など、食材のまとめ収納の際に活躍しています。

【若松美穂(わかまつみほ)】

お金をかけずにセンスと工夫でおしゃれに暮らすカリスマ主婦読者として、生活情報誌『ESSE』や『サンキュ!』などで紹介され人気者に。2011年、心理カウンセラーの資格を取得。主婦業のかたわら、エッセイストとしての執筆活動のほか、講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。夫と娘2人、母親の5人家族。埼玉県在住。公式サイト「“いま”と“みらい”のへや」にて最新情報を更新中

このライターの記事一覧