寝苦しい夜も電気代ゼロ。涼しく過ごせる寝具の実力は?
2019.08.12

寝苦しい夜。皆さんはエアコン派? 扇風機派? それともなにもつけないで寝ますか?
今回は、家事や掃除をラクにする工夫を発信し、著書もあるAyakaさんに、寝苦しい夏をラクにするアイテムを紹介していただきました。

ベッド
夏の夜は寝苦しいのはもちろん、寝汗も気になります…

もうエアコンの温度でもめない!夏の夜を涼しく過ごすための必須アイテム

猛暑の今年、寝苦しい夜がしばらく続きそうです。

エアコンをつけて寝ると、風邪を引いたり喉が痛くなったりする…という悩みは多いもの。
しかし暑いのをガマンするのも健康に障りますし、睡眠不足につながって疲れを翌日に引きずることも。

そこで提案しちあのが、寝具で暑さをやわらげることです。

●まずは除湿シートで除湿をしっかりと

この時季、夫や子どもたちの寝汗が気になりませんか?
ときにはマットレスまで浸透してしまうのでは…と心配になるくらい。

蒸し暑い季節や、子どもがいる家庭では一年中必要になるのが「除湿シート」です。

マットレスの上に除湿シートを敷いた様子このように、マットレスの上にしっかりと汗を吸収してくれる除湿シートを敷いておきます。
マットレスを頻繁に干す手間を省き、ダニやカビの発生を防いでくれるんです。

除湿シートの「吸湿センサー」の様子こちらの除湿シートは「吸湿センサー」つき。ピンクになったら、天日干ししましょうねの合図です。
とても軽いので、大きなサイズでもラクラク持って干せますよ。

●まるで保冷剤の上で寝ているみたい!冷却マットでひんやり

最近「接触冷感」という言葉をよくショッピング中に見かけますよね。
今では洋服でも接触冷感が採用されているほど、夏の暑さに参っている人が多いんです。

でも接触冷感だけではまだ暑い! という方にとってもおすすめなのが「SPEED COOLER」という敷きパッド。

「SPEED COOLER」という敷きパッドわが家で使っているのは、昨年爆発的に売れたとても人気のあるアイテム。なんとマイナス7度の体感温度なんです!

接触冷感は触れたときのみひやっとする感じですが、SPEED COOLERはふれたときもそのあとも、まるで保冷剤の上で寝ているかのように体全体に冷たさが行き渡り、それも長時間続いてくれます。

自然と冷たい状態のマットに戻ってくれるので、寝返りを打つたびに冷たく、一晩ベッドが涼しい状態です。もちろん電気代はかかりません!

一度気温が低い夜に使用したことがありましたが、寒くて思わずどけてしまったほど。

「SPEED COOLER」を敷いたマットレスの様子パッドの中には塩を原料とした特殊冷却ジェルが使われているのでやや重さはありますが、この適度な重みで、寝返りをしてもマット自体がズレません。

かなり寝相の悪い子どもたちと一緒にゴロゴロ寝ていても動かないので、ストレスがありません!

●接触冷感のブランケットを体にかけて、涼しさのサンドイッチに

そして最後は、接触冷感のブランケット。
冷たいマットの上に寝て接触冷感のブランケットをかけると、冷たいものに挟まれているかのようでとっても寝心地がいいんです。

接触冷感のブランケットわが家では片面が接触冷感、もう片面は綿100%というものを使っているので、寒いときは普通の面を、暑いときは接触冷感の面を体に触れるようにセットしています。

片面ずつ素材が違うので、長い間使えるところが便利なんです。

暑さが増すなか、最近ではこういったとても便利なアイテムが出てきています。お気に入りのアイテムを見つけて、熱中症対策をしたり、快適な眠りにつけるように工夫をしてみませんか?

●教えてくれた人
【Ayakaさん】

整理収納アドバイザー1級、お掃除スペシャリスト1級、ルームスタイリスト1級。5歳と2歳の子どもをもつ母。2016年にマイホームを建てたのを機に、掃除、収納、日々の暮らしをSNSに投稿するように。書籍『時間もお金もかけない!ほったら家事』を出版

このライターの記事一覧