出会いの春は、洗練された大人メイクを!目・頬・唇の黄金バランスはこれ
  • この記事を
    シェア

2018.03.19

歳を重ねるごとに、メイクが習慣化し、「いつも同じ顔」になってしまいがち。季節の変わり目こそ、新しいメイクを楽しむチャンスです。色使いや全体のバランスを少し見直すだけで、ぐっと今っぽい旬の顔に!

今回は、春におすすめのマスカラ、チーク、リップの各アイテムとメイクのポイントを、人気ヘアメイクアーティストの山本浩未さんに教えていただきました。大人女子におすすめのクールトーンのベージュのアイシャドウにも相性ぴったりです。

クールトーンのベージュのアイシャドウ

春のトレンド顔を演出するマスカラ、チーク、リップ

山本さんがおすすめするアイシャドウは、クールなトーンのベージュ系。ピンク系ベージュよりも甘すぎず、大人っぽい印象になります。

ここでは、それに合わせたマスカラ、チーク、リップのメイクテクニックを教えてもらいました。さりげないのに洗練された、好感度の高いメイクを目指しましょう。

●黒のマスカラで目元パッチリ

黒のマスカラクールな色味のアイシャドウをつけたら、まつげはセパレートさせて華やかさをプラス。ロングタイプの黒のマスカラを根元からしっかり塗って、扇状の繊細なまつげに仕上げて。

●コーラルのチークで自然な血色感をプラス

コーラルのチーク目元の澄んだグラデーションを強調するには、チークは肌なじみのいいコーラル系を。頬骨より少し高めの位置に水平に入れることで、ヘルシーでありながら少し色っぽい印象に。

●透明感のあるピンクのリキッドルージュをオン

ピンクのリキッドルージュクールになりすぎないように、口元には透明感の高いピュアなピンクのリキッドルージュを合わせてバランスをとって。

【山本浩未さん】
ヘアメイクアップアーティスト。ESSEをはじめ、女性誌やテレビなどの各メディアで活躍するほか、全国で講演やセミナーも行う。各世代の女性の悩みに寄り添いながら、トレンドを取り入れたメイクが人気。近著に「おとな美人を作る「メイクの基本」」(宝島社刊)「今治美肌タオル付き山本浩未のスチームON顔(おんがん)」(講談社刊)「きれいは力」(幻冬舎刊)、「美人メイク基本の「き」」(宝島刊)、「同窓会で二番目にキレイになるには…」(小学館刊)など著書多数

<撮影/鈴木希代江(人物) 取材・文/ESSE編集部>

今治美肌タオル付き 洗顔料がいらない洗顔革命! 山本浩未の スチームON顔


洗顔料不要、タオル1枚、朝の3分間で湯上がり美肌に!人気ヘア&メイクの山本浩未さんが考案、実践している快感洗顔術を大公開。


おとな美人を作る「メイクの基本」


メイクの仕方がまったくわからない人でも、不器用さんでも、面倒くさがりやさんでもトライできる、生まれながらの美人に見えるナチュラルメイクのコツが満載です。