髪をほめられると人生が変わる!若々しく知的に見られるためのメソッド
  • この記事を
    シェア

2018.01.12
人にこぎれいな印象を与えたい…そう思っているあなたが35歳を過ぎていたら、メイクよりも服よりも、まず気をつかうべきは髪。「髪には人を大きく変える力がある!」と、髪のプロであるヘアライター&エディターの佐藤友美さんははっきりと断言します。日本初、かつ唯一のヘア専門ライターである佐藤さん。雑誌やカタログのヘアチェンジ企画で取材したスタイル数は4万を超え、「美容師以上に髪の見せ方を知っている」と一目置かれる存在です。佐藤さんいわく、女性はほんの少し髪を変えるだけで、見た目のみならず中身まで激変します。

美しい髪

ヘアスタイルは“ほめられたい言葉”で決めるべし

「髪を切ったり染めたりしなくても、少し分け目を変える、1本の髪を気にしてみる、といったことで驚くほど印象が変わるのをたくさん見てきました。メイクや服と違い、体のパーツである髪をほめられるのは、自分自身を認められるのと同じこと。自信につながることで毎日を前向きに過ごせるようになり、運命も変わってくる。髪で人生まで変えられるんです」。髪を味方につけ、人生を輝かせるためのメソッドを伺いました。

●「自分らしさ」は一度手放して

あなたらしさを手放す年をとると、髪が細くボリュームも落ち、頭頂部がペタンコになりがち。10代、20代のファッションが30代以降も似合わないのと同様、若い頃のヘアスタイルのまま年齢を重ねると、思っている以上に違和感が出てしまいます。「自分にはこれが似合っている」という思い込みは危険。見慣れた自分らしさに固執せず、手放す勇気も必要です。

●たったひとつの似合う髪型を探してはいけない

じつは、「あなたにはこれが似合う」と言いきれる髪型はこの世には存在しません。なぜなら、1人に似合う形はヘアスタイルごとに何通りもあるから。「ショートは似合わない」「もっと似合う髪型があるはず」と思い込み、ずっと自分の髪型に満足できないのはもったいない! 美容院でオーダーすべきは、似合う髪型よりも、やってみたい髪型。その方がずっと満足度の高い仕上がりになるはずです。

●3kgやせて見える“命毛”を手に入れよ

3kgやせて見える“命毛”を手に入れよ頬骨にかかる顔回りの毛のことを美容業界では、通称“命毛”と呼びます。顔を細く見せるのに絶大な効果のある、まさに命の毛だからです。顔のなかでいちばん幅がある頬骨の高い所から耳までが隠れ影ができるので、これだけで顔はシェイプアップ。3kgはやせて見えるから、ダイエット中の方はぜひ。

●若々しく見える髪型はロングより“ロブ”

若々しく見える髪型はロングより“ロブここ数年、40代の女優さんたちを次々若返らせたといわれる人気のヘアスタイルが“ロブ(ロングボブ=長めのボブ)”です。ロングヘアは、しっかりケアしないと、年齢とともに毛先がすかすかになり老けた印象になりますが、ロブは、その薄くなった毛先を切って厚みを出すのにちょうどよく、一気に若く、華やかに見えるスタイル。大人の女性にこそ試してほしいものです。

美容院でヘアスタイルを決めるときは、「なりたい自分」を明確にしておくと失敗が減ります。髪は、人のイメージを表す記号のようなもの。ふわっとした丸みのあるスタイルは優しくかわいいイメージ、シャープに切りそろえたボブは知的なイメージ…。「上品」「女性らしい」「スマート」など、なりたい自分のイメージ、つまり、ほめられたい、言われたい言葉を思い浮かべ、美容師さんに伝えましょう。

●髪がもつ性格に注目する

マンガやドラマの登場人物がしている髪型は、性格をわかりやすく表現しています。みんなに好かれる主人公ならふんわりしたミディアムボブ、仕事ができる系ならロングのストレート、といった感じ。また、髪の色も、明るくなるほど派手で華やか、暗いほどまじめに映ります。なりたいタイプのキャラクターを見つけたら、そのヘアスタイルを参考にするのもおすすめです。

●分け目の取り方で5歳若く見える

分け目の取り方で5歳若く見える髪の量が減りコシがなくなってくると、分け目部分が薄くなって目立ち、年齢を感じてしまうもの。若々しさの秘訣は、分け目をはっきりつけないことです。まず、顔に対して真っすぐではなく、生え際から頭の中央に向かって斜めに分け目を取ると、地肌が前髪で隠れ、ふっくら見えます。さらに、直線ではなくジグザグになるように取ると、より目立たず自然な仕上がりになります。

●知性と品格は後頭部に宿る

知性と品格は後頭部に宿る女性ニュースキャスターや、航空会社のキャビンアテンダントには、後頭部にふっくらボリュームのあるヘアスタイルの人が少なくありません。彼女たちは、後頭部にボリュームがあると知性や品格が出ることを知っているのです。普段、髪をひとつに結んでいる人なら、手でまとめた際、全体をぐっと持ち上げてからヘアクリップで留めると、簡単にボリュームが出せます。

ボリュームとハリのある髪を演出するメソッド、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

ヘアライター&エディター。40代からのヘアスタイル&ヘアケア情報サイト「ユニークピース」の編集長。髪にまつわる独自の理論を盛り込んだ『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)が、発売直後から話題に。オフィシャルサイトは「SATOYUMI.COM

<イラスト/きくちりえ(Softdesign) 取材・文/ESSE編集部>

女の運命は髪で変わる


大事なポイントは、「似合う髪型」を探すのではなく、あくまで「なりたい自分」をイメージして髪型を決めるということ。