食べかけ部分を見せるのはNG!美しいフライドチキンの食べ方
2016.05.09
  • この記事を
    シェア

 美しく食べる人は、自然と美しく見えるもの。とはいえ、食事の内容によっては、なかなか難しいことも。手を使ってもいいの? かぶりつくのはいいの? 女性が気になるフライドチキンの食べ方について紹介します

フライドチキンは食べかけの骨が行儀悪く見えがち

食べかけの骨が、行儀悪く見えがち【フライドチキン】
自分に向いた側から食べ、食べきったら反対側に
 フライドチキンを両手で持ち、肉がふくらんだ方から右に向かって食べていきましょう。自分に向いた側をきれいに食べきって骨だけになったら、反対側に回転し、同様に食べ進めます

●きれいな食べ方のコツ◯

 豪快に食べたいけれど、中途半端に肉がついた骨は見せないように、チキンを回転させて片側ずつ食べていくのがベター

▲やってはいけないこと×

 かじった部分を人に見せるのはマナー違反。あっちを食べ、こっちを食べ、と食べ散らかすのもきれいな食べ方とはいえません

【小倉朋子さん】
食の総合コンサルタント。諸外国の食事マナーや文化を伝える『食輝塾』を主宰。作法や伝統色、食育、端文化、トレンドなど多様な視点で、あらゆる「食」を提案。近著に『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』(文響社刊)、『世界一美しい食べ方のマナー』(高橋書店刊)ほか

<イラスト/伊藤美樹>

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

まったく新しい実践的食哲学。「エサ」が「食事」においしく変われば、あなたの心は強くなる。


世界一美しい食べ方のマナー

食べ方が変われば、美人に見える。7つの基本と48の実例であなたの食べ方が劇的に変わる。