速報!ユニクロとGUの秋冬展示会は、かわいいアイテムの宝庫でした
2017.06.01
  • この記事を
    シェア

暦の上では6月に突入したばかりですが、ファッションの世界はもう秋冬シーズン到来! というわけで、都内で行われたユニクロとGUの展示会に、ESSEチームが潜入してきました。その模様を、速報でリポートします!

GUとユニクロの秋冬展示会をESSEがレポート!

●GU

GUとユニクロの秋冬展示会をESSEがレポート!建物を入ってすぐに目に飛び込んできたのは、白、黒、ボルドーでコーディネートされたマネキンたち。

コレクションのテーマは「自立した格好いい女性」。この秋冬のトレンドであるグレンチェックやコルセットベルトを取り入れたコレクションで、7月から販売開始になります。色味はシックですが、素材的には夏から秋へのスイッチングの時期に大活躍してくれそう。

ファーを使った小物も豊富。上のバッグは、ファーの持ち手をオプションで取りつけ可能。平日はファー持ち手なし、週末はファー持ち手あり…と、着回しがききそうです。

ボトムESSEチーム全員が「かわいい!」と目が釘づけになったのは、プレスの方がはいていたボトム。

パッと見ではチノパンツに見えますが、じつはスカート。カジュアルになりがちなチノ素材ですが、これならキレイめに着られそうです。8月より発売となります。

発色がキレイ!カジュアル~スポーティーなアイテムも大充実! 発色のキレイさはさすがですよね。

どれもプチプラなので、気軽にチャレンジできるのがうれしい。

家族でのリンクコーデ家族でのリンクコーデ(色や柄に関連性を持たせたコーディネート)も多数提案されていました。さり気ないおそろい感でまとめれば、おしゃれ上級者ファミリーになれそう!

着心地がいいことで定評のある、パジャマ&ルームウェア類も新作がたっぷり。ディズニーとのコラボ商品も。よく見ると、ミッキーのシルエットが!

●ユニクロ

ユニクロここでも、HITしそうな秋冬物をたくさん見かけました!

HITしそうな秋冬物まずは日本人の体型にフィットすることでおなじみの、ユニクロのデニム。

今季は「シガレット」というストレートのシルエットが断然おすすめだそうです。スキニーほど細すぎず、ボーイフレンドほど太すぎない、ちょうどいい細さではきやすそう。ワイドパンツの流行が落ち着いてきて、今またストレートが新鮮に見えます。

とろみブラウスキレイ目派の新定番となったとろみブラウスも、秋らしい色がラインナップ。

ボトムにインしても、そのままでも、どちらでも使えそうでした。

防寒インナー・ウルトラライトダウンのベスト大定番の防寒インナー・ウルトラライトダウンのベストも進化。普通に着ればクルーネック、襟を折り込んで内側のボタンを留めればVネックに!

普通に着ればクルーネック、襟を折り込んで内側のボタンを留めればVネックにラコステやエルメスといった世界を代表するブランドやメゾンのデザイナーなどを歴任した、クリストフ・ルメール氏がアーティスティック・ディレクターを務める「Uniqlo U」の新作もチェック!

「Uniqlo U」の新作もチェックおしゃれパリジェンヌの代表格、イネス・ド・ラ・フレサンジュとのコラボレーションラインも、引き続き登場します。

イネス・ド・ラ・フレサンジュとのコラボボタンホールだけ赤い糸を使ってあるのがシックですよね。

以上、かけ足でお届けしましたが、いかがでしたか?

流行キーワードを散りばめながらも、普段に着やすいデザインやシルエットなのが、やっぱりユニクロ&GUの魅力。心の買い物リストに、いくつもチェックを入れてしまいました。秋が来るのが、今から待ち遠しいです!

<取材・文・撮影/ESSE編集部>