「顔の下半分」を鍛えれば若返る!1日5分でOKの美人顔エクササイズ
2017.09.27
顔が老けて見える大きな原因のひとつが「顔の下半分」。年齢とともに伸びてくるこの部分を短くすることで、若々しい印象を取り戻す効果が期待できます。「顔のエクササイズで筋力をアップすれば、たるみが改善し、顔下半分が引き上げられ、顔の上下のバランスが整ってきます。トレーニングは1日5分程度でOK!」と語るのは歯科医師の是枝伸子さん。自ら実践し、美しく変身したことで話題になった「顔下半分の美顔トレーニング」の考案者です。若返った人が続出しているという、話題のトレーニング法の詳しいやり方を教わりました。

顔下半分トレーニングで、筋肉を鍛える!

頬とフェイスラインにそれぞれ効くエクササイズで、顔の下半分をバランスよく鍛えましょう。どちらから行っても構いません。

●頬を持ち上げ、若々しい顔に!チークアップエクササイズ

チークアップエクササイズ外側、真ん中、内側の縦3か所に分け、頬の筋肉をまんべんなく鍛えることで、頬の位置を高くして若々しい表情に。いずれも口の周りの力を抜き、目的の筋肉を意識しながら、頬に当てた指をゆっくりと持ち上げるように動かすのがポイントです。

目尻の筋肉をアップ

あー
あー
人さし指の腹を目尻の下に当て、この指を持ち上げるように頬を持ち上げます。上の前歯8本が見えるように口をあけて「あー」と1~2秒間声を出しながら20回繰り返します。
頬の真ん中の筋肉をアップ

いー
いー
人さし指を目頭に当て、この指を持ち上げるように頬の真ん中の筋肉を持ち上げます。上前歯が下唇に軽く触れた状態で「いー」と1~2秒間声を出しながら20回繰り返します。
鼻の横の筋肉をアップ

うー
うー
人さし指を小鼻の脇に当て、この指を持ち上げるように鼻筋に沿った頬の内側の筋肉を持ち上げます。唇を前に突き出して「うー」と1~2秒間声を出し、20回繰り返します。
●フェイスラインがすっきり!舌出しエクササイズ

舌出しエクササイズ耳の後ろから首筋、鎖骨へつながる胸鎖乳突筋を鍛えることで、首元やフェイスラインを美しく演出。手を胸元で強く合わせるため、バストアップ効果も期待できます。首の左右に縦筋が出るくらい舌をしっかり上げるのがコツです。

胸の前で手を合わせ、舌を出す

胸の前で手を合わせ、舌を出す背筋を伸ばし、両ひじをはって両手を胸の前で合わせます。あごと首に力を入れながら、舌を思いきり前に突き出してから、そのまま限界まで上へ持ち上げるという動作を20回繰り返します。

胸の前で手を合わせ、舌を出す2正面から見た図です。胸をしっかりと開いて。

笑うだけでも美顔になれる!「笑顔3段活用」で筋トレ

特別なトレーニングをする時間はない…という忙しい女性も多いでしょう。じつは、笑うだけでも美顔トレーニングになります。TPOに合わせて笑顔を使い分けると、さまざまな頬の筋肉を鍛えられるうえに好感度もアップします。

100%『爆笑する』

爆笑する声を出して笑うときは、頬を斜めに引き上げる筋肉をしっかり使って、頬を限界まで引き上げて。周囲に楽しさが伝わり、距離感も縮まりやすくなります。

60%『口角を少し上げて笑う』

口角を少し上げて笑う会話するときは、100%の笑顔からやや頬の力を抜き、少し口角を上げた笑顔を。品があるのに親しみやすく、万人に好印象を与えます。

20%『ほほ笑む』

ほほ笑む仕事先などきちんとした場所では、口を閉じ、少し頬と口角を引き上げた笑顔を。相手の話を聞きながらも自分の意思も感じさせ、聡明な印象になります。

TPOに合わせて笑顔を使い分けると、さまざまな頬の筋肉を鍛えられるうえに好感度もアップ。ぜひ意識して笑ってみて!

●教えてくれた人
【是枝伸子さん】

アクアタウン歯科クリニック副院長、デンタル美顔プロデューサー。歯科医の視点で考案されたデンタル美顔術を紹介した著書『美人に見られたければ顔の「下半分」を鍛えなさい!歯科医が教える整形級美顔術』(講談社刊)が話題に

<撮影/難波雄史 モデル/大橋規子(スペースクラフト) イラスト/前田まみ 取材・文/ESSE編集部>

美人に見られたければ顔の「下半分」を鍛えなさい!歯科医が教える整形級美顔術


幼いころから顔にコンプレックスを持ち続けていた著者。「どうしても美しくなりたい!」「生まれつきの美人に勝ちたい!」という強い思いから、美人顔の研究をはじめました。