ボーダーカットソーでイベント目白押しの年末年始を乗り切る着回し術4選
  • この記事を
    シェア

2016.12.22

 年賀状やクリスマスの準備、さらには年末年始に帰省を予定している方も多いのではないでしょうか。こんなときは、つい自分の「服の準備」がおろそかになっていませんか?年末年始はやるべきことが多いにもかかわらず、久しぶりの知人に会うなど、気を抜けないイベントがあることもしばしば。

 そこで、ふだん着の定番「ボーダーカットソー」さえあればOKな、着回しコーディネートを考えてみました。ついデニムと合わせてラクちんコーデにしがちなアイテムですが、いろいろなシーンに対応できる実力派なんです!

ラクチンから若見えまで!定番ボーダーを使った着回しコーディネート

 ちなみに今回着回したのはこちら!

ラクチンから若見えまで!定番ボーダーを使った着回しコーディネート ORCIVALの「ラッセルフレンチセーラーTシャツ」です。

 ベーシックなボートネックタイプ。やや厚手でほどよいフィット感で、体の動きを邪魔しません。裾は骨盤の下あたりまであり、手を上げてもお腹が出ない長さです。生地がしっかりしているので一枚で着ても様になり、安っぽくありません。下着が透けないのもポイントです。

 ホワイト地にブルーのラインが入り、カジュアルですがきちんと感があり、清潔な印象を与えるカットソーです。

 もちろん、「これでなくちゃダメ」ということはありません。ポイントである「丈が長め」「厚手である」の2点をクリアしていれば、以下のコーディネートに応用できますよ !

その1:ラクしたいけど、気が抜けないときはやっぱりボーダー

ラクしたいけど、気が抜けないときはやっぱりボーダー 帰省などの長時間の移動では、やっぱりラクをしたいですよね。とはいえ、電車などでは隣にどんな人が座るかわからないし、至近距離で長時間人目にさらされることを考えると、案外気が抜けないものです。

 でもこのボーダーカットソーであれば、「ラクちん×きちんと」がかないます。

 ボトムスはある程度ゆとりがあって締めつけない、ワイドパンツがおすすめです。

その2:年末の買出しや掃除にもボーダー

年末の買出しや掃除にもボーダー ちょっとした買い出しでも、地元の友達とばったり会う可能性が!そんなときもこのボーダーなら、手抜き感がないので安心です。

 たくさん動いてもお腹や背中の出ないデニムサロペットは、寒い時期の大掃除にはありがたい存在。

 ヘアスタイルはただのまとめ髪だと一気に生活感噴出!そこでトレンドアイテムのヘアターバンの登場です。トレンドを意識しながらも顔まわりをすっきりと見せましょう。

その3:あけましておめでとうございます!親戚の挨拶まわりにもボーダー

あけましておめでとうございます!親戚の挨拶まわりにもボーダー 新年は、気持ちを新たにシャキッとしたコーデがおすすめです。

 オフホワイトのワイドパンツとパールネックレスのホワイトカラーで統一させると、一気に背筋が伸びるきちんとコーデができあがります。

 パールネックレスは冠婚葬祭用として考えがちですが、じつはボーダーとの相性ばっちり。カジュアル寄りのボーダーを一気にドレスアップしてくれる優秀アイテムです。

 ボーダーの裾はボトムにイン。それだけでシックに見せてくれます。シルバーのベルトでウエストラインを強調して、細見えさせましょう!

その4:高校の同級生とランチ会。「変わらないね」って言われたいからボーダーで若見えコーデ

ボーダーで若見えコーデ 数年ぶりに会う友達…ドキドキしますよね!お互い、どのくらい老けたかをチェックするイベントのようにも感じています(笑) 。ランチなのでパーティーほど気張りすぎず、かといって生活感が出ない、ちょうどいいところが求められるところ。

 そこで、思い切って鮮やかなカラーのスカートや、スカーフ・ベレー帽などのトレンドアイテムを取り入れてみましょう。それだけで若見えコーデになります。

 ただし鮮やかカラーのアイテムはひとつだけに絞りましょう。スカートも小物もすべてカラフルだと、かえってアンバランスです。

 いかがでしたか?

 ただでさえ荷物の多い帰省の際などはとくに、こうした着回しコーデをかしこく利用して、スマートに過ごしたいですね。

【教えてくれた人:Junkoさん】
会社勤務を経て、野菜ソムリエ、薬膳インストラクター、食育インストラクター、全国2人目のサルベージ・プロデューサーの資格を取得。札幌で野菜教室「good food,good life」を主宰。ブログ「good room,good life