1. トップ
  2. 美容・ファッション

美容家・小林ひろ美さんの前向きエイジレス習慣。肌・ボディ・メンタルからアプローチ!

ESSE編集部
2021.10.11

エイジングケアは、アンチ(抗う、闘う)ではなく、年齢を受け入れて健康美を目指す“ヘルシーエイジング”の時代へ。

そこで、美容家・小林ひろ美さんに、年齢に左右されず、前向きになれる美容習慣を教えてもらいました。

自分を幸せにできるのが“美容”。“楽しい”を最優先にして習慣に

黄色服女性透明感とハリがあり、思わず見とれてしまう小林ひろ美さんの肌は、“50代の奇跡”といわれることも。

「毎日きちんと保湿をするだけで肌は見違えてきます。年齢に関係なく、いつでもキメの整ったうるおいのある肌でいられると、自然と気持ちは前向きに。周りの家族や友人にもそのハッピーマインドは広がりますよ。

また、年齢とともに高級なコスメでケアしなきゃ…と、思い込んでいたらもったいない! 化粧品技術が進化し続けている今は、手に取りやすい価格で優秀なコスメが使えるいい時代です。まずは、無理なく楽しんでできるケアから始めて、ぜひ習慣化してみましょう」。

●肌は徹底保湿でキメが整っている状態をキープ

「スキンケアの要はやっぱり保湿! 肌はうるおいが満タンになると、たっぷり蓄えた水分でひんやりしてくるので、それまで化粧水をしっかり重ねづけして。“601円づけ”がおすすめです」化粧水は3回に分けて“601円づけ”しましょう。

(1) 500円玉大を横づけ

横づけ女性500円玉大の化粧水を手のひらに取り、両手で温めたら顔の内から外へ、手のひら全体を使って横に滑らせる。

手に500円玉大
500円玉大

肌は動かさないように注意。

(2) 100円玉大をトントンづけ

トントンづけ女性100円玉大の化粧水を指先になじませて、指先でトントンとつける。

手に100円玉大
100円玉大

手は動かさず、顔を上下に動かすと、力が入りにくくこすらずにつけられます。

(3) 1円玉大を押しづけ

1円玉大を押しづけ女性最後は1円玉大の化粧水を手のひらで温め、ハンドプレスを。

手に1円玉大
1円玉大

顔の重みを手のひらに預けるようにすると、ほどよい圧が加わる。

●季節の変わり目のレスキューケアはシートマスクに乳液をたして“乳液仮面返し”

パックを持つ女性シートマスクをして10分たったら、マスクの表面に乳液を塗って軽くマッサージ。そのあと、マスクを裏返して乳液面を肌にフィットさせて10分放置。マスクのうるおいが逃げず、効果も最大限にアップします!

●ボディは体の内と外からアプローチして巡りよく

「私のケアに欠かせないのが体内環境の巡りをよくすること。うるおい、リンパ、血流、すべての巡りをよくすることで、ボディも肌も老けません!」

・朝、コップ1杯のシリカ水を飲む

シリカ水「うるおいを巡らせるために、朝は必ずコップ1杯のお水を飲みます。最近のお気に入りは、シリカ水」。肌や髪や爪の健やかさに欠かせない、天然のミネラルがたっぷり。

・お風呂上がりは全身をオイルでマッサージ

座る女性
足の裏は丁寧に

17~18年続けているリンパを巡らせるお風呂上がりのマッサージ。

「下から上に血流を流すイメージで、足先から耳下腺までくまなくマッサージします。肌をこすらないために、濡れた肌にオイルを使うのがおすすめです」。

・隙間時間を上手に使って簡単ストレッチ

イスでストレッチ女性仕事や家事の合間に、肩甲骨のストレッチを。

「肩甲骨回りの筋肉をほぐすと血流がよくなり、顔色もアップしますよ。イスに座っているときに背もたれに手を置き、両ひじを近づけたり離したりするだけでOK!」

靴下「むくみが気になるときは、座りながらゴルフボールを足裏でコロコロと転がしてツボ押しを」。ソックスに入れて行うとボールの転がり防止に。

●メンタルは「でも、だって、どうせ」を封印!もやもやはすぐにリセット

「言霊ってあると思うんです。だからネガティブな言葉はなるべく使わないようにしています。どうしても使ってしまったり、使いたい気持ちでもやもやするときは、ポジティブ思考に転換する工夫を」

・アロマの香りを味方に心をリフレッシュ!

アロマ
便利な即席ディフューザー!

朝起きて調子が悪いときはミント、イライラしているときはラベンダーなど、香りの力を借りて気分転換。

「ディフューザーがなくても、ティッシュペーパーにアロマオイルを垂らし、お湯入りのマグカップにのせれば手軽に楽しめます」

・他人と比べない! ネガティブ発言のあとは「コンコン、キャンセル」

コンコン、キャンセル女性
コンコン キャンセル

他人と自分を比べるのはやめようと思い、『でも、だって、どうせ』は使用禁止に。

「どうしても愚痴が出ちゃったら、テーブルや壁をコンコンと叩きながら『キャンセル』と言ってなかったことに(笑)。後悔は禁物です!」

<撮影/天日恵美子 スタイリスト/程野祐子(人物)、カナヤマヒロミ(物) ヘアメイク/広瀬あつこ 取材・文章/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【小林ひろ美】

美容家。「美・ファイン研究所」主宰。楽しみながら続けられ、いつものコスメで最大限の効果をもたらす美容法を発信。著書も多数。

  • この記事を
    シェア