1. トップ
  2. 美容・ファッション

ほんのひと手間で一気に華やかな印象に。サイド巻きで簡単にイメチェン

大人のヘア問題白黒つけます季節の変わり目のこの時季。秋に向けて少し雰囲気を変えたいけれど、髪が短いし、アレンジも苦手…という人が多いのでは?

「短い髪でも簡単なアイロンテクで雰囲気を変えられます」と話すのは、女性の髪問題に詳しいヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター・八木花子(八木ちゃん)さんに大人世代におすすめなリバース巻きのやり方を教えてもらいました。

髪の毛が肩につくくらいの長さの女性
巻き髪で一気に華やかに

短い髪の人でもイメチェンできるアイロンテク

さとゆみ:短い髪でもアレンジってできますか? という質問、多いですよね。秋はおしゃれの季節だから、ファッションに合わせて、ヘアも少しイメチェンしたい気分になりますよね。

八木ちゃん:お客さまにもよく聞かれます。短い髪の人でも、まとめ髪にしたり、分け目を変えたりで、ずいぶん雰囲気が変わるのですが、今日は簡単なアイロンテクをご紹介します。

●顔まわりをリバース巻きにして一気に雰囲気をチェンジ

髪の毛が肩につくくらいの長さの女性の写真
短めさんは、髪型がマンネリしがちだけれど…

八木ちゃん:短めさんの場合、顔まわりの印象を変えると、一気に雰囲気が変わるんですよね。

さとゆみ:わかります。前髪と顔周りの印象が、髪の第一印象の8割くらいを占めると言われていますよね。

八木ちゃん:大人世代におすすめなのは、顔まわりをリバース(後ろ方向)巻きすること。これだけで、華やかさがアップします。

●細めのアイロンで小分けに巻く

さとゆみ:巻くときのポイントはありますか?

八木ちゃん:短めさんが巻く場合は、細めのアイロンを使うとやりやすいと思います。今回は、26mmのアイロンを使っています。

髪の毛をアイロンで巻いている

(1) 手首をひっくりかえすようにして、リバース(外巻き)のクセをつける

八木ちゃん:一気に巻こうとせずに、左右3か所ずつくらいに分けて、小分けで巻いていくのがいいですよ。

さとゆみ:やや強めに巻いてほぐすくらいがいいのかな。

八木ちゃん:そうですね。しっかりカールをつけたあとに、ワックスやバームをしっかり指にのばして、カールをほぐすように指を通します。

スタイリング剤を髪の毛にもみ込んでいる

(2) ワックスやバームをのばした指を通す。カールをほぐすようにするとナチュラルに仕上がる

八木ちゃん:最後はキープスプレーを使って、カールをキープしましょう。

髪の毛にキープスプレーをかけている

(3) 指先でカールをつまんで、キープスプレーをかける

髪の毛が肩につくくらいの長さの女性

顔立ちも明るく華やかに見えるリバース巻きヘアが完成!

さとゆみ:毛先が外側に向かうと、顔もぱっと明るく見えますね。

横顔
リバースカールのおかげで横顔も美しく

八木ちゃん:いまはマスク生活ですから、こういったリバース方向への髪の動きがあると、明るい印象になりますね。

さとゆみ:ぜひ試してみてくださいね!

●スタイリング剤を使って巻き髪をキープ

ワックスとスプレー八木さんおすすめのスタイリング剤は、ふんわり柔らかくまとめて髪への保湿効果のあるワックスと、強力なホールド力でセットして長時間キープするスプレー。【左から】ヴィラロドラ プロフェッショナル リベル ワックス 50ml ¥2530(ミルボン<美容室専売品>)、トリエ スプレー10 170g ¥1760(ルベル)

※価格はすべて税込みです。

<撮影/林絋輝 モデル/木庭弥生 取材・文/佐藤友美>

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『髪のこと、これで、ぜんぶ。』(かんき出版)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア