1. トップ
  2. 美容・ファッション

前髪のクセの正しい直し方。毛先ではなく根元を濡らすのがポイント

大人のヘア問題白黒つけます朝起きたとき、前髪にクセがついてうまく取れずに髪型が決まらない…ということはありませんか?

「髪のクセやうねりが上手にとれないのは、方法が間違っている可能性があります」と話すのは、女性の髪問題に詳しいヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター・八木花子(八木ちゃん)さん。

パックリ前髪もふにゃふにゃ前髪も、きれいに直せる、正しい髪のクセのとり方を教えてもらいました。

ビフォーアフター
朝クセがついた前髪を思いどおりに直すコツとは?

前髪のクセは毛先ではなく、根元からクセをとる

さとゆみ:今日は、八木ちゃんが、よくお客様から相談されるというお悩みから。

八木ちゃん:はい。前髪のクセがうまくとれないとか、前髪がうねってしまってうまく決まらないという悩みです。

さとゆみ:確かに、前髪ってうねりやすい。顔周りの毛って、クセが出やすい場所ですよね。

八木ちゃん:しかも、いつも目に入る場所だから、前髪が決まらないと気分も落ちますし。

さとゆみ:今日はしっかりクセをとって、さらさら前髪にする方法をマスターしてください。

●前髪のクセは毛先だけ触ってもとれない

髪を持つ女性
前髪のハネ、うねりは、毛先だけいじっても直りません

八木ちゃん:まず、これは鉄則ですが、髪のクセというのは、ハネたりうねったりした毛先だけに水をつけたり、ここだけストレートアイロンで伸ばしたりしても、クセはとれません。「髪の毛は、根元の方向と逆にハネる」という法則があるので、クセやうねりをとりたいときは、必ず根元をまっすぐにすると覚えてください。

さとゆみ:だから根元から濡らして、乾かし直さないとダメなんですね。

●前髪のクセをきれいに取る方法

(1) クセがついた前髪の根元を濡らす

髪にスプレー

八木ちゃん:そうなんです。まずは、根元にアプローチ。朝だったら、ハネたりうねったりしている髪の根元部分に水スプレーをかけるのがいいでしょう。

(2) 濡らした前髪の根本を揺らしながら乾かす

ドライヤーをする

八木ちゃん:次にその前髪を乾かしていきます。根元の生えグセをとる必要があるので、根元を指でこするようにして、左右に振りながら乾かすと、クセが出にくくなります。

(3) 前髪を指ではさんで引っぱり、熱風10秒→冷風10秒

前髪を乾かす

八木ちゃん:次に、前髪をまっすぐに伸ばします。指で毛束をはさんで下に向かってひっぱり、やはり根元部分にドライヤーの熱を与えます。

さとゆみ:熱風を10秒あてたあとに、冷風を10秒あてて、まっすぐにした髪の形状を記憶させるのがコツですよ!

(4) 前髪を流したい方向にセット

八木ちゃん:最後に前髪を流したい方向に指で流してセットすれば完成です。

女性正面
完成。「まっすぐに伸ばす→そのあとに流す」がポイント

さとゆみ:前髪がすてきに決まると、気分もいいですよね!

八木ちゃん:これまでクセ毛に悩んできた人は、ぜひ試してみてください。

<撮影/林絋輝 モデル/舘野孝子 取材・文/佐藤友美>

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア