1. トップ
  2. 美容・ファッション

紫外線ダメージを受けやすい髪型とは?抜け毛・薄毛を予防する簡単テク

大人のヘア問題白黒つけます日差しが強い季節がやってきました。気になる紫外線ケア、徹底している! という人も多いと思いますが…

「肌の紫外線ケアはしっかりやっているのに、髪は無防備という方が意外と多いのが気になります」と話すのは、女性の髪問題に詳しいヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター・八木花子(八木ちゃん)さん。

秋の抜け毛や薄毛の原因にもなりやすいという、髪や頭皮の紫外線をケアについて詳しく解説してもらいます。

暑がる女性
夏の紫外線から髪や頭皮を守っていますか?(※写真はイメージです)

夏の紫外線ダメージから髪と頭皮を守る!ヘアケア術

さとゆみ:雨が続いたり、日差しが強かったりと、毎日天気の変化がすごいですね。

八木ちゃん:この時季は、じつは髪と頭皮がいちばんダメージを受けやすいタイミングなんです。

さとゆみ:紫外線ですよね。

八木ちゃん:そう。夏に紫外線のダメージを受け続けると、秋に髪が抜けやすくなります。紫外線が当たることで頭皮の老化が進行し、薄毛や白髪、抜け毛といった症状を引き起こしてしまうんです。今のうちから、しっかり紫外線対策しましょう。

さとゆみ:みなさん、顔や体はしっかり日やけ止めをして出かけると思うのですが、髪と頭皮は無防備だったりしますよね。

八木ちゃん:この時季にしたほうがいい紫外線対策を、一気にご紹介します。

●分け目をつけない!これだけでダメージ軽減

八木ちゃん:まずみなさんにやってほしいのが、分け目をぱっくりつけないこと。分け目部分に紫外線が集中するので、頭皮に紫外線ダメージが蓄積して、ここから髪が抜けやすくなるんです。

さとゆみ:過去の記事でも、分け目をぼかすと若々しく見えるということをお伝えしてきましたが、紫外線対策の側面からも、大事ですよね。

<Before>

分け目をはっきりつけた状態
【Before】分け目をはっきりつけた状態

分け目がしっかりついていると、分け目部分の地肌がダメージを受けやすい。

<After>

分け目をぼかした状態
【After】分け目をぼかした状態

分け目をぼかすと紫外線のダメージを受けにくく、抜け毛予防に

八木ちゃん:違いがわかるでしょうか? 分け目があるのとないのとでは、頭皮へのダメージ具合が変わります。

<分け目を簡単にぼかす方法>

さとゆみ:分け目をぼかす方法は、コームでジグザグにラインをとったり、指で分け目をまたいでかきあげたりするといいですね。

分け目部分をこするようにして、分け目がつかないようにぼかす
分け目部分をこするようにして、分け目がつかないようにぼかす

八木ちゃん:これだけで、だいぶ紫外線の影響を受けにくくなるので、ぜひやってください。

●髪と頭皮用の日やけ止めスプレーを使う

八木ちゃん:もうひとつおすすめなのが、髪と頭皮用の日やけ止めスプレーを使うことです。

さとゆみ:最近、すごく増えてきましたよね。

スプレーをする
髪全体にまんべんなくスプレーをする

八木ちゃん:おすすめなのは、髪だけではなく、肌についてもよいタイプのスプレー。これだったら、頭皮も首回りも一緒に日やけケアできます。

首にスプレー
肌にもつけられるタイプだと便利

さとゆみ:外出するときは、顔や体だけではなく、髪や頭皮もケアする習慣をつけるといいですね!

ケアアイテム八木さんおすすめの、肌にもつけられる髪&頭皮用ケアアイテム。【左から】UVもケアするシアバター。クリームバター¥3300、バター ¥2750(ともにmm〈ミリ〉) 香りも心地よいUVケアミスト。フレグランスUVスプレー<フレッシュマンデーモーニング>¥1320(MIEUFA〈ミーファ〉) 出先でも使いやすいUVカットスプレー。UVカットシャワー アロマガードUX ¥2200(CEFINE〈セフィーヌ〉)

●帽子・日傘で、紫外線対策をさらに万全に

さとゆみ:分け目チェンジや日やけ止めスプレーがあるとはいえ、長い時間外で紫外線を浴びるのだったら、帽子や日傘を使いたいところですね。

八木ちゃん:そうですね。とくに、帽子をかぶるのであれば、髪をまとめてしまってからかぶると、より紫外線の影響を受けにくくなります。簡単にでいいので、おだんごなどにして、なるべく紫外線があたる面積を減らしましょう。

帽子をかぶった女性
髪が長い人は、ひとつにまとめてから帽子をかぶって

さとゆみ:私は昨年、バリア効果の高い日傘を買ったのですが、これに変えてから、かなり髪の調子がよいと感じます。

日傘さとゆみさんおすすめの、サンバリア100の日傘(¥13500 編集部調べ)。毎年夏前には完売続出のアイテムだそう。

八木ちゃん:夏にどれだけ紫外線から髪を守れたかで、秋以降の髪の状態が変わります。ぜひ、ケアの参考にしてください。

※価格はすべて税込みです。

<撮影/林絋輝 モデル/草柳ゆうき 取材・文/佐藤友美>

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア