1. トップ
  2. 美容・ファッション

おでこ隠しは七難隠す!シワや薄毛が気になったら前髪をふわのせ

大人のヘア問題白黒つけます年齢を重ねると悩ましいのが前髪のスタイリング。なんとなく横に流してみたものの、なんとなくあか抜けないなんてことも。さらには、白髪や薄毛、おでこのシワも気になる…。

「年齢が気になる女性の場合、おでこの出し方で、見た目年齢がかなり変わってきます」と話すのは、女性の髪問題に詳しいヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター・八木花子(八木ちゃん)さん。大人女性のおでこ問題を解決する、おしゃれかつ若見えな前髪づくりのコツを教えてもらいました。

ビフォーアフター
シワ、白髪、薄毛が気になる場合は「おでこ隠し」でカバーを

おでこを出すと、いろいろ目立つ?年齢を重ねてからのポイント

さとゆみ:今日は前髪のスタイリングを教えてもらいます。

八木ちゃん:はい。お客様からも多いご相談なのですが、「前髪をおろしておでこを隠したいのだけれど、うまくスタイリングできない」というお悩みを解決しますね!

おでこを出したスタイリング
おでこを出したスタイリング。シワや分け目の白髪が目立ちやすく硬い印象に

さとゆみ:そもそも、おでこって、出さないほうがいいんですか?

八木ちゃん:人によるのですが、おでこのシワが気になってきたり、分け目をつけると根元の白髪が目立つ、分け目が薄く見えるという人は、おでこを出さずに前髪をおろすと、若々しい印象になることが多いです。また、まゆげがうまく描けないという人もカバーしやすくなりますね。

さとゆみ:なるほど。おでこと分け目って、年齢が出やすいところですもんね。

八木ちゃん:今回の前髪のスタイリング法は、どんな長さの人でも同じテクニックでいけますので、ぜひ参考にしてください。

●髪の根元の生えグセを取って、おろしやすく

八木ちゃん:まず、髪を乾かすときに、前髪を左右にふるようにしながら乾かしていきます。こうすることで、根元の生えグセをとることができるので、変なうねりが出にくくなるんです。

前髪をゆすってかわかす様子
髪を乾かすときは前髪をゆすって

さとゆみ:これで、分け目もぼかすことができますよね。

八木ちゃん:そのとおりです。年齢を重ねると、分け目をしっかりつけるスタイルは、貧相に見えたり白髪が目立ってしまったりすることもあるので、乾かす時点で分け目をまたぐように髪をふって、分け目をぼかしておきましょう。

●前髪はロールブラシで内巻きにブロー

ロールブラシでブロー
前髪はロールブラシでブローする

八木ちゃん:前髪は、細めのロールブラシを使って内巻きにブローするといいですよ。こうすることで、髪がさらっとおりやすくなります。

●ワックスをつけた指先でつまみ上げ束感を出す

ワックスで毛束をつまむ
ワックスで毛束をつまんでスタイリング

さとゆみ:仕上げはワックスですね。

八木ちゃん:はい。ある程度キープ力のあるワックスやバームなどを手にしっかりのばして、 指先で毛束をつまむようにしてスタイリングします。

さとゆみ:束感を出す感じですね。

八木ちゃん:前髪に束感があると、フレッシュな感じになって、若々しい印象になりますよ。

●ふわっとおりた前髪で若々しく!

動きのある前髪
動きのある前髪で、若々しくやわらかいイメージに

さとゆみ:たしかに! 前髪がおりるだけで、ぐっと若い印象になりますね。

八木ちゃん:人の視線は目元に集まるので、前髪を変えると、それだけで印象激変なんです。おでこや分け目に悩んでいる人には、前髪ありのスタイル、ぜひ試してみてください。

<撮影/林絋輝 モデル/大西和子 取材・文/佐藤友美>

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】