1. トップ
  2. 美容・ファッション

マスクしてもメイクがつかない!プロ愛用のきれい仕上がりファンデーション

新見千晶
2021.03.26

花粉症や感染対策などでまだまだマスクが手放せないこの頃。マスクが当たり前になった今、悩みもつきません。せっかくメイクしてもマスクについてしまったり、崩れてしまったりしてしまうことも多いですよね。
そこで、人気ヘア&メイクアップアーティストの新見千晶さんに、マスクにつきにくいおすすめファンデーションを教えてもらいました。

マスクとコスメ
マスクメイクの強い味方コスメをご紹介します

マスクメイクの味方!プロ愛用のマスクにつきにくいおすすめファンデーション

みなさんこんにちは、ヘア&メイクアップアーティストの新見千晶です。
私は普段から雑誌や広告撮影などでモデルさんや女優さんのヘアメイクを担当させていただいているのですが、その際に使用する愛用コスメや、おすすめのスキンケア法などをご紹介したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

さて今回は、マスクが欠かせない今、「せっかくメイクをしてもマスクにファンデがついてしまう、どうすればよい?」というお悩みにお答えしていきたいと思います。

確かに出先で食事をするときなどにマスクを取った際、マスクの内側にファンデがついてしまっていると、なんだかテンションも下がってしまうし、ファンデが落ちた顔を見られてしまうのも恥ずかしい…と感じたことはきっとあるはず(私も、『わあ~このタイミングでマスクを取った顔を見られなくない~』と思うことがよくあります)。

でも! いつでも明るい表情でいられるように、まずはマスクにつきにくいおすすめのファンデとその塗り方をご紹介します。
ちなみに1枚目の写真に映っているマスクは私が毎日愛用しているもの。不織布のサーモンピンクのマスクです。白よりも、顔色が良く見える効果があるのでおすすめですよ!

●粒子が細かいサラサラのパウダーファンデなら、マスクにつきにくい!

黒色のファンデミネラルや植物成分がたっぷりと配合されていて肌にも優しく、シルクのようなサラサラ感が続くこちらのファンデーション。私は撮影時のメイク直しのパウダーとしてずっと愛用しています。
きちんとカバー力はあるのに、素肌っぽい仕上がり。とにかく肌に密着して、長時間くずれにくい! なので今は、マスクメイク用のファンデとして重宝しています。

こちらのファンデ、付属のパフで塗ってもきれいですが、私は少し大きめのフェイスブラシで顔をくるくると磨くようにして塗っています。そうすると余分な粉もつかないし、きれいな仕上がりで、さらにマスクにさらにつきづらくなります。

ちなみにベースメイクの順番は、「メイク下地 → パウダリーファンデーション → 目の周りのクマが気になる場合はコンシーラー」です。

いくら肌に密着するファンデでも、やっぱり塗りすぎてしまうと崩れやすくなってしまうもの。メイク下地で肌のトーンを上げて、くすみを軽減させてから、ファンデーションをやや少なめに塗り、気になる部分だけコンシーラで軽くカバーするようにしましょう!

・ベアミネラル/ベアプロ パウダーファンデーション フェア01 4620円(税込み)

●夏に特化したファンデーションなら肌にぴったり密着して崩れにくい!

黄緑色のファンデ鮮やかなケースに入ったこちらのファンデーションは2021年5月発売の夏の新作。汗や皮脂をはじくワックスコート処方で、真夏の環境下で滝汗をかいてもくずれにくい、というもの。

バーム状で、するするとのびて、肌にぴたっと密着。とにかく仕上がりがサラサラで、マスクにつきづらい!
毛穴やクマなどをしっかりとカバーしてくれて適度なカバー力はあるのに、ナチュラルな仕上がりがとってもきれい。おすすめのこの夏大注目のファンデです。

・カネボウ化粧品/コフレドール カバーステイWP ファンデーションUV 01 2800円+税

●肌を保護する色つきバームでマスク荒れを防ぐ

バーム前述の2つよりもややマスクへのつきづらさは軽減してしまいますが、マスクメイクにおすすめなのが肌への防御と保護力を与えてくれるこちらのスキンバリアバーム。私自身も肌が弱く、マスクが擦れることで肌荒れを起こしやすいのですが、このバームを塗るようになってから、肌荒れしにくくなりました。バームに色がついていて(カバー力もわりとあります)スキンケアの延長のファンデーションという感じです。石けんで落とせるのも肌への負担が減り、うれしい!

バーム状だからのびはよいのですが、保湿力が高いので、仕上がりはサラサラという感じではなく、ツヤツヤ。なので、この上からマスクにつきづらくするために、先ほどご紹介した、ベアミネラルのパウダーをマスクで隠れる鼻から下の部分に軽~くブラシでのせるようにしています。そうすると肌を守りながらも仕上がりサラサラで、マスクにつきづらいという欲張りな願いを叶えてくれます。

・津田コスメティックス/UVカラーバーム ベージュオークル 6160円(税込み)

効果的なアイテムで、WITHマスクな毎日をより明るい表情で過ごしたいですよね! ぜひお試しください!

【新見千晶さん】

現在、女性ファッション誌、美容誌、広告、CM、カタログ、ファッションショー等などで多くの女優やモデル、タレントのヘアメイクを担当。また独自のメイク理論に基づくメソッドが人気で、TVやラジオ出演をはじめ、多数の書籍の執筆、雑誌やWEBでのコラムの連載、メイクショー、講演会、イベント出演、化粧品のコンサルティング、コラボ商品の開発など多岐に渡り活躍中。ホームページ(http://www.niimichiaki.com)。インスタグラムは@papaiya_girl

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】