1. トップ
  2. 美容・ファッション

ダイソーコスメ「URGLAM」が40代以上にもおすすめな理由。画期的な収納術も

はらむらようこ
2021.03.11

女性の毎日に欠かせないメイクアイテム、40代、50代と年齢を重ねると、高価でいいものを使わなければと思ったり、いつも同じようなメイクにりがちな場合も…。

「大人の女性は、高価なコスメを使うべきと思っていましたが、少し前にダイソーのコスメに出合い、メイク道具の持ち方、使い方、収納も一変しました」と話すのは、おしゃれで毎日が楽しくなるアイテム選びが人気な整理収納アドバイザーのはらむらようこさん。40歳をすぎて出合い、その魅力にハマったという100円ショップダイソーのコスメと、使い勝手をよくする収納術を教えていただきました。

ステイホーム中に出合ったダイソーのコスメ「URGLAM」。以前よりメイクが楽しく

上から並べられたメイク道具
ステイホームがメイク道具を見直すきっかけに

昨春のステイホーム期で私は「メイクを楽しむ」という新境地に達しました。
大人はプチプラコスメ、だめ、絶対。と思っていましたが、必要に駆られ、プチプラどころか100円ショップで、化粧品を買ってみたのです。期間をすぎるまでの我慢と買った1本でスタートし今、その数は増える一方です。そうです。はまった、のです。

その100円コスメというのが、ダイソー発のコスメブランド「URGLAM(ユーアーグラム)」のアイテム。まずは選んだ理由と、その魅力からご紹介します。

●緊急事態宣言でいつものコスメが買えない…。コスメ難民になったのがきっかけ

リップを持つ様子
色のノリやなじみのよさに加えて見た目のおしゃれさも◎なダイソーのURGLAM。リップは200円+税

以前は、デパートに行き、たくさんのブランドを見回ったのち、おしゃれだと感じたブランドの、優しそうな美容部員さんにアドバイスをいただきながら化粧品を買っていました。知識をいただき古ぼけた自分の化粧をアップデートする機会として、大切にしていましたし、なかなか自分に時間も熱量もかけられない生活のなかで、優雅な楽しい時間でもありました。

しかし、2020年の春に、状況が変わります。自分の顔をPCで見て人様にさらす、オンラインレッスンという新経験が始まったのです。

ステイホームをきっかけに、片づけのレッスンをビデオ通話やオンライン会議ソフトで行うことになったある朝、アイライナーがないことが発覚。私の場合、アイライナーがないと、寝ぼけた目が普通の目にはなりません。画面越しといえ疲れた顔をお見せできない、でもアイライナーを買うために電車に乗ってデパートまで行くこともできません。

ドラックストアで適当に買うかと諦めていたときに、徒歩圏のダイソーの目立つ場所で大々的に展開しているコスメがあるのを思い出しました。これが「URGLAM」との出合いです。

●100円コスメ「URGLAM」。最初に買ったアイライナーが最高だった

アイライナーを持つ様子とはいえ、ノリももちもよくないうえに、肌も荒らすだろう100円だもの、くらいの気持ちで必要な黒のアイライナーを1本だけ買いました。

ところが、肌荒れどころか、ノリももちも問題なく、むしろ普通によかったのです。大人だからちょっと高いものでなくてはとか、オーガニックでなくてはとの心の壁が一気に崩れ去りました。

●普段、高さが故に最小限の定番品しか買ってこなかったことに気づく

元々アイシャドウはあまり使っていなかったのですが、マスク姿が当然となると、口紅とチークが見えなくなり、より、顔は疲れきって見えやすくなってしまいます。目に色をもってくるしかないと、次はアイシャドウが必要になりました。

「URGLAM」アイライナーがよすぎたこと、アイシャドウの品ぞろえもよかったことから、一直線で、ダイソーに買いに行きました。

並べられたメイク道具
全メイクアイテム。フタがないものと、アイライナー、筆の一部がURGLAMのもの

たくさん色展開があり、ワクワクし、どれもこれも試してみたくなり、決めきれず、アイシャドウ以外にもチークやフェイスパウダーなども買ってみました。いつもなら買わない冒険系色のアイメイクにもトライしてみることに。

するとこれが、楽しいのです! なぜ、今まで冒険せず定番色だけだったのか? それは私にとっては値段が高かったためだということにも気づきました。また、アイシャドウやパウダー類もどれもノリもなじみもよく、本当に驚きました。

1 2
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】