1. トップ
  2. 美容・ファッション

40代、50代のおしゃれ迷子は「1サイズ上げるべし」。大草直子さんに聞きました

2020.12.17

編集者、ライター、スタイリストとして、長らくファッション界の第一線で活躍してきた大草直子さん。ご自身も40代後半という大草さんに、ESSEonline読者も迷いがちな40代、50代からのおしゃれについて伺いました。

顎に手を置く女性
スタイリスト・大草直子さんに「大人のおしゃれ」についてインタビュー

どんな服を選ぶかはその人の選択!色合わせや素材合わせに「間違い」はありません

――まず、「ファッションのプロ」である大草さんが40代、50代の女性のファッションやスタイルを見る際、どんなところをいちばん見ていらっしゃいますか? 大草さんが「このファッションはすてき」「これは残念かも」と思われる基準はなにかあるのでしょうか。

大草直子(以下敬称略) 長年ファッションの仕事をしてきたので、「このコーディネートはいい? 悪い?」みたいなことを聞かれることもあるのですが、じつは私、人のお洋服について、特別すてきだとか、特別変だとか思うことがないんですよ。その人がなにを着ているかは、その人の選択。リスペクトすべきものであって、そこには正解も不正解もないと思っています。だから、色合わせが間違っているとか、素材感がおかしいとか、そんなこともありません。服は服、みんな、自分が好きなものを着ればいいと思うんです。ただ、もともと好きで選び、好きで着てきたはずのお洋服なのに、

「最近なんだかしっくりこない」

「いまいち似合わない気がする」

と感じることがあるようなら、見直してほしいことがあります。

●似合わないほとんどの理由は「サイズ」にあります!

赤スカートの女性
色や形、サイズ…。ご自身によく似合うアイテムを知っている大草さんのファッションは本当にすてき(写真は書籍より)

――たしかに、ずっと似合ってきた服なのに、「あれ?」って思うことあります! 理由はなんですか?

大草 ズバリ、「サイズ」です! 40代…というか、30代の後半から、女性の身体は明らかに「肉づき」が変わっていきます。体重が変わらなくても、体の「輪郭」が変わっていくんですよね。身体のお肉の変化にともなって、体のラインもやわらかく、丸くなっていくんです。これはもう、生物学的にそういうものなので、仕方のないこと。ただ、そんなふうに体が変わってきているのに、今までの服を同じサイズ感で着ていると、違和感が出てくることがあるんです。

ウエストのファスナーは以前と変わらずに上がるけれど、じつはその上にふわっとお肉が乗ってしまっていたり、アームホールに腕は通るけれど、二の腕部分がじつはパツパツでゆとりがなくなっていたり。見えづらい部分でもあるし、「同じサイズが入るから気づかない」ということがとても多いのです。ただ、残念ながらシルエットは確実に、若い頃と同じではなくなっているんですね。

それが、いちばん残念!!

色合わせや素材合わせは「その人のセンス」と受け入れられる私が、どうしても気になってしまうのが、この「サイズ問題」なんです。正直、「サイズ選び」が適切だったら、この方はもっとすてきなのに、と思うことはよくあります。

1 2 3
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】