1. トップ
  2. 美容・ファッション

失敗しない大人の巻き髪。髪に跡がつかず、ゆるっと仕上げるコツ

  • この記事を
    シェア

大人のヘアケア問題白黒つけます自分で巻き髪にしたいけれど、うまくヘアアイロンを使いこなせないし、仕上がりもなんだかイメージしていたカールと違って残念な仕上がりに…。

そこで、数々のヘア企画を担当してきた、ヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター・八木花子(やぎちゃん)さんに、大人女性にぴったりな巻き髪のつくり方と、失敗しないセルフ巻きのコツを教えていただきました。

カクカク巻き髪を卒業!ヘアアイロンできれいにセルフ巻きするコツ

ヘアアイロンを使う女性
大人のゆるふわ巻きのつくり方

さとゆみ:今回は、ヘアアイロンの使い方を伝授します!

八木ちゃん:アイロンは、一度コツを覚えれば、さくさくと巻けるようになるので、ぜひトライしてみてください。

お伝えする巻き方は、いちばん基本の巻き方(内巻き)です。これを覚えてしまえば、巻き髪スタイルもすてきですし、アレンジをするときも、ベースにこの巻き髪をしておけば、華やかな印象になりますよ。

●巻き髪初心者は、休日または寝る前に練習するのがおすすめ!

さとゆみ:巻き髪は、つけまつ毛や、アイラインの引き方と同じ。練習した回数だけ、うまくなります。だから、練習あるのみ。おすすめは、忙しい朝に突然やるのではなく、お休みの日や、お風呂に入る前などに練習すること。失敗しても、シャンプーして寝ればいいだけだから。

「いきなり本番!」じゃなくて、何度か試してみてくださいね。

初心者でもきれいに巻くコツは、ブロッキングとアイロンの持ち方!

ロングヘア女性正面今回トライしてくれるのは、読者モデルの三輪沙弥香さん(36歳)。胸下のロングヘア。ヘアアイロンは32mmを使用。

八木ちゃん:巻き髪は、巻く量と位置が大事です。ですから、面倒でも、最初にブロッキングするのが成功の秘訣です。これくらいのロングヘアであれば、6か所に分けて巻くのがおすすめ。

●(1) 髪をブロッキングする

髪のうしろをブロッキングまず、耳前(サイド)の髪と耳後ろ(バック)の髪に分けて。耳後ろの髪は、さらに耳上と耳下に分け、計6か所にブロッキングします。

●(2) 髪の中間から毛先に向かってアイロンを滑らせる

八木ちゃん:ブロッキングができたら、まず片側のサイドの髪を巻いていきましょう(今回は右側から)。最初は、アイロンを中間から毛先まで滑らせます。こうすることで、表面のキューティクルが整い髪にツヤが出て、きれいな巻き上がりになります。

アイロンで軽くはさんで滑らせる根元と毛先の中間くらいをアイロンで軽くはさんで滑らせます。

八木ちゃん:じつはこのとき、重要なポイントがあります! 毛先までアイロンを滑らせるときに、アイロンで髪をガシッとはさまずに、少し浮かせるくらいの空間をつくることです。

それをせずに、アイロンで髪を完全にはさんでしまうと、アイロンを滑らせることができないので、そこだけカクッと跡がついて、髪が折れてしまうんです。

OKなアイロン使用
<OK>

<OKパターン>クリップのレバーを押さえた指を離さず、髪から少しアイロンを浮かした状態で、毛先まで滑らせて。

NGなアイロン使用
<NG>

<NGパターン>髪を完全にはさみ込んでしまうと、カクっとした跡がついてしまいます。

さとゆみ:アイロンで巻くといつも、変な跡がついてしまうという人は、ここがポイントだったんですね!

八木ちゃん:そうなんです。今までうまくいかなかった人は、チェックしてみてください。

毛先までアイロンを滑らせる毛先までアイロンを滑らせたところ。

●(3) 毛先でアイロンを1回転させて、3~5秒数える。右サイドの残りのブロックも巻く

八木ちゃん:毛先までアイロンを滑らせたら、アイロンを1回転させて、そこで3ほど秒数えます

アイロンを内側に1回転させるアイロンを内側に1回転させる。そのまま3~5秒待って、下に引き抜きます。

アイロンを引き抜いた状態アイロンを引き抜いた状態。毛先にワンカールゆるいカールがついています。

八木ちゃん:これができたら、同じように、後ろの髪も前に持ってきて内巻きにします。最初にバックの下部分を巻き、最後にバックの上部分を巻いたら、右サイドは完成です。

●(4) 逆側も同じように各ブロックの束を巻いていく

さとゆみ:右側が完成したら、今度は左側も同じように3か所に分けて巻きます。

反対サイドも同様に内巻きにしていく反対サイドも同様に内巻きにしていきます。

スタイリング剤をつけてざっくりほぐすと、こなれた印象に仕上がる

すべて巻き終わった状態すべて巻き終わった状態。

さとゆみ:左右3カ所巻くと、ころんとしたカールになっているはずです。このままでは古くさい印象になので、スタイリング剤をつけてほぐすのがコツ

八木ちゃん:ヘアオイルやヘアミルクを手にとって、カールの間に空気を含ませるようにしてほぐしましょう。

カールを広げるようにほぐすカールを広げるようにほぐします。

八木ちゃん:使うスタイリング剤は髪質によって使い分けて。髪がやわらかい人ならクリームやミルク系を。髪が硬い人はオイルやシアバター系を使うといいですよ。

●最後の仕上げに、トップの髪をふんわりとかき上げて完成

八木ちゃん:最後は、そのまま髪をかきあげるようにして、トップにふんわりとした立ち上げを出すとバランスよくなります。

トップの髪をかきあげるスタイリングがついたままの手で、トップの髪をかきあげて。

さとゆみ:分け目をつくらないようにするのもポイント。

完成した髪型完成。ナチュラルでこなれた雰囲気の巻き髪に!

さとゆみ:ぐっと華やかな印象になりますね。

八木ちゃん:ぜひ、マスターしてみてください。

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

<撮影/林絋輝 モデル/三輪沙弥香 取材・文/佐藤友美>

このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】