1. トップ
  2. 美容・ファッション

写真撮影30秒前にやるべきこと!若さに差がつく髪のお直しテク

  • この記事を
    シェア

大人のヘアケア問題白黒つけますスマホで写真を撮る前に髪の毛を直す際、どうしていますか? 髪がボサボサしていないか、両手でなでつけている人も多いのではないでしょうか。

「とくに、50代、60代の大人女性の方でやっている方を多く見かけますが、ヘア直しの際に髪を押さえつけたりなでつけたりするのは、じつは老けて見える原因になってしまうんです」と話すのは、ヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター・八木花子(八木ちゃん)さん。

今回、知っておくだけで写真写りが大きく変わる、ヘア直しのコツを教えてもらいました。

シャッターの直前に、髪をなでつけるのはNG!ふわっと浮かせて

さとゆみ:今回は、写真撮影のときのコツをお伝えします。

八木ちゃん:最近はSNS用に写真をとったり、自撮りをしたりする機会が多いですもんね。

さとゆみ:そんなとき、「写真を撮るよー」となってから、たった30秒の間に、思いっきり差がつくポイントってあるんです。

八木ちゃん:ぜひ、たくさんの方に知ってもらいたいです。

さとゆみ:まず、「髪がボサボサしていないかしら?」と、髪を上から押さえてなでつけている人を見かけますが、これは、絶対NG。

髪を両手でおさえる女性
【NG】髪をなでつけてしまうと、ぺたんこになって貧相なイメージに

八木ちゃん:この仕草、やってらっしゃる方、よく見かけるのですが、大人女性の場合、トップのボリュームがつぶれてしまうので、寂しい印象になってしまいます。

髪が薄く見えてしまう女性
【NG】髪を押さえつけて分け目が目立つと、実際よりも髪が薄く見えてしまう

さとゆみ:トップをつぶしてしまうと、髪が薄く見えてしまったり、分け目が目立ったりしてしまうんですよね。なので、「髪を押さえるのはNG」と覚えてください

●モデルもやっているヘア直しテク。分け目をぼかして立ち上げをつくる!

さとゆみ:では、写真撮影直前になにをすればいいかというと、ずばり、分け目をぼかしてトップに立ち上げをつくる、が正解です。

(1) 分け目を手ぐしで動かしてぼかす

指を差し入れて、根元に手ぐしを入れるようにして分け目をぼかす
指を差し入れて、根元に手ぐしを入れるようにして分け目をぼかして

八木ちゃん:分け目部分に手を差し入れて、指で分け目をこするように左右に動かすといいでしょう。そうすると、分け目が曖昧になって、地肌も目立たなくなります

(2) 根元の髪を指で持ち上げて高さを出す

根元を浮かせるように持ち上げて、高さを出す
根元を浮かせるように持ち上げて、高さを出して

八木ちゃん:さらに、根元を持ち上げるように、指でトップに高さを出すと、それだけでふんわりボリュームが出ます。

さとゆみ:このひと手間、大事ですよね!

写真撮影というのは、2次元の世界です。そしてシャッターを切られる、その瞬間だけでも、ふわっとボリュームが出ていたら、とても若々しく見えるものなんですよ。

八木ちゃん:簡単なコツですけれど、差は歴然としますよね。さらに、量が少ない側の横の髪を耳にかけると、サイドにもボリュームが出やすくなります。

分け目が目立たなくなった女性
分け目が目立たないと、ここまで若々しい印象に。片側だけ耳にかけるとボリュームも出ておしゃれ

さとゆみ:じつはこれ、モデルさんやタレントさんなどもやっているテクニックなのですよ。「みんなでご飯を食べているシーンを、インスタ用に撮影します」なんてことがあったら、だれもが髪を持ち上げ出して、少しでもふんわりヘアで写真に写ろうとするんです。

八木ちゃん:最初は鏡を見ながら練習するといいと思います!

さとゆみ:写真って、長く残るものなので、ぜひ、このテクニックを覚えてくださいね。

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

<撮影/林絋輝 モデル/石田隆子 取材・文/佐藤友美>

このライターの記事一覧