1. トップ
  2. 美容・ファッション

短い髪でもできる大人ハーフアップ。後頭部にボリュームを出すと若々しく

  • この記事を
    シェア

大人のヘアケア問題白黒つけます肩につかないくらいの長さだと、「なかなかアレンジがしづらい…」と思って、ついいつも同じヘアスタイルになりがちですが、簡単におしゃれに見えるヘアアレンジを知っておくと便利です。

そこで、数多くのヘアアレンジ特集を手がけてきたヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのディレクター・八木花子(八木ちゃん)さんに、髪が短めでもすてきに見えて、40代、50代以上の年齢を重ねた大人女性におすすめなハーフアップのコツを教えてもらいました。しかもピン2本で簡単です。

「こうすると老けて見える!」「疲れて見える!」NGハーフアップも合わせてチェックしてみてください。

短めのボブスタイル
短めのボブスタイルでもおしゃれに見える大人ハーフアップ

少しの工夫でぐんとおしゃれに。短めヘアのハーフアップのポイント

さとゆみ:よく雑誌などでは、髪が短めな人のアレンジが載っていますよね。でも、あれって、自分でやろうとするとなかなかうまくいかないという方が多いんです。

八木ちゃん:髪が短い人がまとめ髪をするときは、ちょっとしたコツが必要なんです。今日は、みなさんがよくやる「ハーフアップ」を、おしゃれに見せる方法をお伝えします。

八木ちゃん:まず、ハーフアップで大事なのは、髪をまとめる「位置」と「量」です。

●これはNG!大人女性は避けたいハーフアップ

ちょんまげハーフアップ
NG例:ちょんまげハーフアップ。寂しい仕上がりに

<NG例その1>結ぶ量が少ないと、貧相な印象になってしまいます

八木ちゃん:髪をまとめる位置が高すぎるとちょんまげのようになってしまいますし、低すぎると老けた印象になってしまいます。

がっつりハーフアップ
NG例:がっつりハーフアップ。やわらかさとおしゃれさがダウン

<NG例その2>結ぶ量が多いと、毛束が太くなってしまい、おしゃれさが半減

さとゆみ:オールバックでがっつりハーフアップ、結構やりがち。結ぶ毛束が太くなり、とりあえず結んだ感が出ちゃいますね。

八木ちゃん:さらに顔周りの髪の毛がパラパラと落ちてきていると、パサつき感が出て老けて見えてしまいます。
髪をとる量が少なくても、量が多くても、バランスが崩れてしまいますので、量を意識してまとめるところから解説していきます。

●ピン2本でできる!短めヘアさんのおしゃれハーフアップのつくり方

髪をまとめる様子
ミルクやオイルではなく、セット力のあるワックスを使いましょう

(1) ワックスで髪をまとめやすくする

八木ちゃん:まずワックスを手にしっかりのばして、耳から上の毛にだけワックスをのばします。

さとゆみ:ワックスを使う理由は?

八木ちゃん:パラパラ落ちてくる毛やアホ毛が出にくくなるので、キレイにまとめやすくなります。

(2) 後頭部にボリュームを出して若々しく

髪を押し上げる
髪をねじったら、後頭部に高さが出るように押し上げる

八木ちゃん:ゴムで結ぶとどうしてもボリュームが出しにくいので、ハーフアップはアメピンを使うのがコツです。
目と目を結ぶ線よりも上の髪をとり、ねじりながら、上にぐっと持ち上げます。

さとゆみ:この「ぐっと持ち上げ」が、後頭部の盛り上がりになるんですね。

ピンをしたから挿す
ピンは下から上に向かって挿す

八木ちゃん:アメピンは、2本あれば十分とまると思います。髪の量が多い人は、3本くらいつかってもいいと思います。コツはねじった根元部分に、下から上に向かってアメピンを挿すこと。毛流れに逆らって挿すと、しっかり固定されます。

完成したハーフアップ
トップに高さがあるので華やかさもあり、顔も引き上がった印象に

さとゆみ:トップに高さがあると、顔もぐっと引き上がって見えて、ものすごくバランスがいいハーフアップになりましたね。

八木ちゃん:仕上げに顔周りの髪の毛は耳にかけるとすっきりとまとまります。髪が短めの方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

<撮影/林絋輝 モデル/石田隆子 取材・文/佐藤友美>

このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】