1. トップ
  2. 美容・ファッション

ドライヤーで髪がパサパサに…。「風を下からあてる」はダメ!

  • この記事を
    シェア

大人のヘア問題白黒つけますお風呂上がりのドライヤー、適当にかけてしまっていませんか?
「かなり多くの人が、髪を傷めてしまう乾かし方をしているんです」と話すのは、何万人もの女性の髪を見てきたヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、人気ヘアサロンMINXのトップデザイナー・八木花子(八木ちゃん)さん。髪の性質を知ってきちんと乾かせば、ツヤ感が段違いで変わってくるそう。
今回は、見た目の印象を大きく左右する、ドライヤーを使った正しい乾かし方について教えてもらいます。

髪の乾かし方、半分以上の人は間違っている!

八木ちゃん:髪の乾かし方って、じつは間違っている方、多いですよね。

さとゆみ:それ、私もいつも気になっている案件! 温泉やジムの脱衣所で、「あー! そのやり方だと、髪が傷んじゃう!」って泣きたくなること、よくあるー。

八木ちゃん:というわけで、今日は、正しい髪の乾かし方に白黒つけましょう。

髪の乾かし方どっちが正解?
髪の乾かし方ひとつでツヤ感に大きく差が出ます

さとゆみ:いちばんやりがちなのが、ドライヤーの風を下からあてる乾かし方です。こういう乾かし方は、シャンプーのCMなどでもよくあるのでやってしまいがちなのですが、キューティクルをめくってしまうんですよね。
結果的に、髪がパサついて傷んで見えてしまうんです。

下からの乾かす NG八木ちゃん:キューティクルは、上から下に向かってウロコのように重なっていると思ってください。なので、そのウロコをめくらないように乾かすのがポイントです。

上から乾かす OK八木ちゃん:ドライヤーの風を上から下方向に向かってあてると、キューティクルがきゅっと閉じるので、髪にツヤが出るんですよ。

さとゆみ:この乾かし方を変えるだけで、ずいぶん髪の状態がよくなりますよ!

●ポイント1:根元部分を最初に乾かす

根元を最初に乾かす八木ちゃん:毛先は乾きやすくて乾燥しやすい部分なので、最初に乾かすのは根元です。根元をしっかり乾かしているうちに、毛先も乾いてきます。タオルで優しく根元を中心に余分な水分を取ったあと、ドライヤーをあてていきます。

さとゆみ:根元を乾かすときにも、キューティクルの方向を意識してくださいね。ウロコを逆なでしないように指は上から下に通して。

●ポイント2:毛先を動かしたい方向によって乾かし方を変える

内巻きに乾かしたいときさとゆみ:内巻きに乾かしたいときには、手のひらを上にして指を通すと、自然と内巻きのクセがつきます。

外巻きに乾かしたいとき八木ちゃん:逆に、毛先を外ハネにしたいときは、手首を返すように乾かすといいですよ! ブローしなくても、これだけでも十分クセがつきます。

●ポイント3:前髪のクセは乾かすときにとる

前髪はゆすりながら乾かすさとゆみ:前髪や顔まわりの毛はクセが出やすいところ。そこは、根元部分をゆすりながら乾かすとクセが出にくくなります。髪がまだ濡れているときにゆするのがポイント。

クセをのばしたいときは八木ちゃん:がんこなクセは、髪を引っぱるようにしてテンションをかけて乾かします。
髪の毛はタンパク質なので、熱を与えると形を変え、冷ますと形を記憶します。なので、髪をまっすぐひっぱりながらクセをのばして温風をあて、その後、冷風で冷ますとクセがとれます。

●ポイント4:ドライヤーのノズルは使い分けて

ドライヤーのノズルは使い分け八木ちゃん:ドライヤーのノズルをつけたまま髪を乾かしている人もいますが、ノズルは、ブラシでブローをするとき以外は、外してしまって大丈夫です。ノズルを外すと、早く乾きますよ。

さとゆみ:シャンプーやドライヤーの質にこだわるのも大事ですが、乾かし方を変えるだけで、一気に美髪になったりするので、ぜひ正しい乾かし方を覚えてくださいね。

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

<撮影/林絋輝 モデル/友澤あみ 取材・文/佐藤友美>

このライターの記事一覧