1. トップ
  2. 美容・ファッション

髪の分け目で老け印象…30歳すぎたら知っておきたい若見せヘア

  • この記事を
    シェア

大人のヘア問題白黒つけます年を重ねるにつれ気になる髪のボリュームダウン。髪に元気がないと寂しげな印象にも見えてしまいます。
「大人の見た目年齢はヘアスタイルで決まります!」と声を合わせ断言するのは、4万人以上の女性が髪型で変わる姿を見てきたヘアライター・佐藤友美(さとゆみ)さんと、多くの大人女性を変身させてきた人気ヘアサロンMINXのトップデザイナー・八木花子(八木ちゃん)さん。

ヘアスタイルが見た目年齢を左右する理由や、大人女性が知っておきたいボリュームアップ法について、ヘアのプロ2人が50代の読者をモデルにわかりやすく解説。テクニックいらずで今すぐまねできる方法を伝授します!

トップのボリュームで、見た目年齢が5歳は若返る

ボリュームはどうやって出す?
髪の分け目のつけ方で、印象はガラリと変わります

さとゆみ:トップのボリューム問題! これは、語りたかった!

八木ちゃん:ゆみさん、今回ずいぶん、力が入ってますね。

さとゆみ:うん。これ、いちばん簡単に若々しく見える方法だと思うから、みんなに知って欲しいテクなんだもん。

八木ちゃん:そうですね。大人女性の見た目年齢って、トップのボリューム感で左右されると思います。

●分け目をつけると、地肌が目立ってしまう

さとゆみ:最大のポイントは、分け目なんです!!

分け目をつけるNG八木ちゃん:分け目をしっかりとってしまうと、その部分の地肌がどうしても目立ってしまって、寂しい印象になっちゃうんですよね。

●モデルはみんな、分け目をつけていない!

さとゆみ:ファッション誌などを見ていただくと一目瞭然なのだけど、30代以降のモデルさんて、絶対に髪に分け目をつけないよね。

八木ちゃん:そのとおりです! 私たちもヘアメイクをするときは、必ず分け目をぼかします。

さとゆみ:これは、みなさん、知っておいてほしい!!

分け目をぼかすOKさとゆみ:分け目のぼかしかたは、指でジグサグにするのもいいし、根元を立ち上げてボリュームを出して、分け目を隠すのも手です。

●温風と冷風を使ってボリュームキープ→スプレーで形状記憶

八木ちゃん:一番簡単なのは、根元をドライヤーで立ち上げる方法ですね。分け目をまたぐように髪の根元を持ち上げて、その根元部分にドライヤーの温風を10秒。そのあと、冷風を10秒あててキープします。

根元を立ち上げるクセをつけるさとゆみ:髪はタンパク質なので、熱を与えると形が変わり、冷ますと形が固定される性質があります。この性質を使って、根元の立ち上がりを髪に記憶させるわけですね!

立ち上がり部分をスプレーでキープする八木ちゃん:仕上げに、その立ち上がりをスプレーでキープすれば、なおGOODです。

さとゆみ:ボリュームが出るだけじゃなくて、分け目って、毎日同じ場所で分けていると、その部分の地肌にばかり負担がかかるんですよね。

八木ちゃん:そうなんです。ですから、地肌をいたわる意味でも、普段から分け目をぼかすクセをつけてもらえるといいと思います。

さとゆみ:ぜひ、トライしてみてください!

●教えてくれた人
【佐藤友美さん】

1976年北海道知床半島生まれ。日本初のヘアライター&エディター。「美容師以上に髪の見せ方を知っている」とプロも認める存在。歯切れのいい解説で、テレビ、ラジオ番組などで活躍。著書に『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)、『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

【八木花子さん】

1979年静岡県藤枝市生まれ。人気ヘアサロンMINX銀座店の美容師。自宅での手入れが簡単で、個性を引き出すヘアスタイルが得意。悩める大人女性へのアドバイスや提案が適切で、MINXの中でも絶大な人気を誇る。国内外セミナー、TV出演、アート雑誌の連載等活躍は多岐に渡る。

<撮影・取材・文/佐藤友美>

このライターの記事一覧