1. トップ
  2. 美容・ファッション

たくさん歩いてもやせにくい人の習慣。大股や腕を振るのはNG

ESSEonline編集部
2020.05.17
  • この記事を
    シェア

レジャーやお出かけの代わりに、家の近所でウォーキングに励んでいる人も多いのではないでしょうか。
運動不足解消にも役立つウォーキングですが、悪い歩きグセの場合、「やせるどころか、太ももやふくらはぎが張り出して、がっしり体型になってしまう」ということも。
筋肉不足になったり、関節にゆがみが生じ、歩けば歩くほど、太くなるという悪循環になってしまいます。

ここではボディメイクに詳しい森拓郎さんに、太る歩きグセやNGサインを教えてもらいました。

黒い壁の前で歩く女性
高橋メアリージュンさんも実践しているという、森拓郎さんの「やせウォーク」

森拓郎さんに教わる!逆にがっしり体型になってしまうNGウォーキング習慣とは?

●ウォーキングの常識、間違っているかも

イラストNO「例えば、腕を大きく振った方が、よりダイエットに効果的と思っている人が多いのですが、じつはNG。腕の動きを大きくすると、上半身が無駄にねじれて着地時にバランスが不安定になり、脚に負担がかかるのです」と森さん。
本来、腕を振るのは、振り子となって上半身の安定を保つため。その腕振りを意識して不自然に動きを加えてしまうと、逆効果になるのです。腕の振りは意識しないことが重要です。

同じように、「大股で歩く」もじつはNG。
「大股で歩くと腰をひねるような形になり、ブレにより、本来使うべき股関節やお尻の動きが制限され、効率よく前に進めません。また体をひねることで、上半身が不安定な状態になり、着地をするときに外側のももが体重を受け止めようとします。これにより、太ももの負担が増えて外に張り出し、たくましい太ももになってしまうのです」

●あなたは大丈夫?太る歩きグセのNGサイン

悪い歩きグセを続けると、脚が太くなる原因に。次のサインのうち1個でも当てはまるものがあれば、それは歩き方が間違っている証拠です!

・靴底のかかとが極端にすり減る
靴底は自然にすり減りますが、極端な減りや、内側の減りは、体のブレやねじれにより、脚に負担がかかっている証拠。また、左右の減りに差があるのは関節などにねじれがあるサインです。靴底が極端に減った靴を履き続けると、さらに歩行が乱れるので要注意!

・雨の日、水はねがすごい

イラスト傘を持つ女性雨の日、ふくらはぎに水がはね、汚れがつくことはありませんか? これは後ろ脚を蹴り出したときにつま先が外に向いてしまうため。その原因は足首など、ひざ下のねじれです。正しい歩き方なら、足の親指はまっすぐ後ろに送られるので、あまり水はねはしないのです。

・スカートが回る、パンツのひざから下がねじれる
歩いていて、スカートが回ってしまうのは、歩幅の左右差や体幹のねじれがあるから。パンツのひざ下だけがねじれているのは、足首やひざ、股関節がねじれているのが原因です。体幹や関節のねじれがあると、このようなことが起こってしまいます。

・タコや外反母趾がある

イラスト悩む女性タコや外反母趾は履いている靴の問題もありますが、足指がうまく動かず、足裏の重心移動が正しくできていないことが原因。間違った重心移動で、足裏や足指に無理な負担をかけています。悪化するとさらにうまく歩けなくなるから危険です。

●歩きグセを直せば自然にスリムアップ

逆に言えば、悪い歩きグセを直し、理想的な歩き方ができれば、自然とやせやすい体に。散歩や買い物が最強のボディメイクに変わります。
「筋トレや食事制限をしなくても、ただ歩くだけで、太ももやふくらはぎ、おなか、腕、お尻など、全身をスリムアップすることが可能になります」(森さん)

やせたいのなら、まずは歩き方から見直してみましょう。
森拓郎さんの著書『やせウォーク4週間プログラム』(扶桑社刊)では、1日10分、自宅でできる簡単トレーニングで、やせウォークが身につくメソッドを紹介。モデルとして女優の高橋メアリージュンさんも登場しています。ぜひチェックしてください。

<撮影/天日恵美子 イラスト/itabamoe 取材・文/ESSEonline編集部>

●教えてくれた人
【森拓郎さん】

ボディワーカー。大手フィットネスクラブを経て、2009年、自身のスタジオ『rinato』を東京・恵比寿にオープンし、ボディメイクやダイエットを指導している。枠にとらわれない独自の角度からのアプローチで、ファッションモデルや女優など著名人の支持を集める

いつものウォーキングが最強のボディメイクに変わる! やせウォーク 4週間プログラム

太もも、ふくらはぎ、おなか周り、お尻がスリムアップ! 1日10分! 自宅でできる簡単トレーニング。

購入