1. トップ
  2. 美容・ファッション

40代の服選び。お金をかけるもの・かけないものの鉄則

2020.01.22
  • この記事を
    シェア

40代になってから今までの服が似合わない、体重は変わらないのに老けて見える…なんて思ったら、洋服の選び方を変えてみませんか?

「40代には40代の服の選び方があります」というのは、ミニマリストでもの選びに定評のある星野きいろさん。40代の服選びの鉄則を教えていただきました。

ハンガーにかかったパンツ2つ
40代のパンツ選びはスカートよりも難しい!

白トップスをレフ板に!パンツはスカートより難しいので少し高級に。40代の服選びはここに気をつけよう

私自身、40代になってから服選びが難しいなと感じています。そのなかで見つけた40代の服選びのポイントをお伝えしたいと思います。

●お金をかけるべきはパンツ

20代から身長も体重もそれほど変わらないのに、なぜか若者向けのブランドではパンツやレギンスのサイズが合わない…ということはありませんか?

それはヒップラインが下がったり筋力や代謝が落ちることによる、体型の変化が原因かもしれません。
スカートはある程度の体型カバーができますが、パンツなどは体のラインが大きく影響してしまいます。

40代以上をターゲットにしたブランドは年齢による体型の悩みに合わせてつくられていることが多いため、パンツをきれいに履きこなすために洋服の力を借りるのもひとつの方法です。

デザインの研究や工夫からプチプラでは難しいかもしれませんが、「大人のパンツスタイルを楽しむための投資」と割りきってみてはいかがでしょうか。

服は「体」の上に着るもの。土台となる体を運動や筋トレでリフトアップすると、さらにきれいに履きこなせそうですね。

●万能の白はプチプラで

畳まれた白い服3着清潔感ときちんとした印象がある白い服は、トップスに使うとレフ板(光を反射させる)のような役割があると言われます。顔を明るく若々しく見せる効果も期待できるのは、40代以上にうれしいですね。

合わせる色を選ばない万能な白ですが、最大の弱点は汚れが目立つこと。ほかの色に比べてシミや黄ばみとの戦いがつきものです。

そのため「白い服はプチプラでそろえる」のがおすすめです。気兼ねなく洗濯機で洗うことができ、強力な汚れには酸素系漂白剤も使うことができます。

白い服はこまめな洗濯が欠かせず買い替えサイクルも早くなりますが、プチプラは手放し→新調がスムーズにできるメリットも。

20代とは違い、40代は「ヨレた服でも逆におしゃれ」を狙いに行くのは難しいもの。だれが見てもすっきりと清潔に見えるファッションを目指しましょう。

●アウターは定番の色と形で

紺色のアウター2着アウターは顔に近く体の半分以上を占めることもあり、ファッションの印象を左右する重要なアイテムです。しかしTシャツなどと比べると1着の価格が高く、こまめな買い替えや何枚も持つのが難しいものです。

そんなアウター選びにおすすめのポイントは「ベーシック(定番)な色と形を選ぶ」です。

ファッション業界はシーズンによって流行りの色や柄・形があり、アウターも例外ではありません。流行は繰り返すと言われるため、一周回って似たような流行がやってくるかもしれませんが…昔は昔。やはり最新の流行と同じというわけにはいかないでしょう。

流行の色やデザインは、アウター本体でなく小物で取り入れるのがおすすめです。マフラーやストール、帽子や手袋などでじゅうぶん今時感を出すことができます。ベーシックなアウターは流行りの小物と相性もバッチリ。
大きな面積のアウターで流行を追うよりも、大人の余裕を感じられるコーディネートになります。

●ワンピース、セットアップは使える

紺色のワンピースのコーデワンピースやセットアップは1枚もっておくと便利なアイテムです。女性ならではの華やかさが出て、合わせるジャケットやカーディガン、小物によって同じ服でもガラッと印象が変わります。

柄や素材がカジュアルに寄りすぎないようにすればきれいめにも着回しができ、荷物を減らしたい旅行にもおすすめです。
上下のコーディネートを考えなくてもよいというメリットも。

セットアップは単体でも使うことができ、少ない服でおしゃれの幅を広げてくれるアイテムです。

大人世代ともいえる40代。自分のなりたいイメージが表現でき、着ていると自信がもてるような、ここぞというときの1着を手に入れてみませんか?

●「家で洗える」が最強

そして40代からの洋服選びで大切なポイントは、「家で洗える」こと。
理由は2つあります。汚れを気にせず着ることができる点と、クリーニング料金と手間の節約です。

服を着る=汚れるは避けられませんが、素材や形によってはクリーニング必須というものも。汚れを気にするあまり着る回数が減ってしまっては、なんのために服を買ったのかわかりません。家で洗えると思うと着る回数も増え、クローゼットに眠る服を減らすことができるのではないでしょうか。

最近はスーツやアウターでも家で洗えるものが増えています。クリーニングは料金だけでなく手間もかかるため、節約効果は抜群。

もしかすると「おしゃれであること」が最優先事項ではない40代の服選び。でも、いくつになってもきれいに見られたいですよね。自宅で洗えることも、40代の服選びにとって重要な要素だと考えます。

●もうそこまでおしゃれに興味がない?でもおしゃれがキマると楽しくなります!

外見も内面も変わる40代は、洋服選びにも変化が必要になってきます。
その変化を前向きにとらえ、40代ならではの選び方で大人ファッションを始めましょう。
自分に合うファッションが見つかると、お出かけしたり、人に会うのが楽しくなりますよ。

●教えてくれた人
【星野きいろさん】

滋賀県在住、転勤族の夫と小学生の息子と3人暮らし。引っ越しするたびに荷物の多さを感じ、ものを減らす暮らしに移行中。ブログ「自然体ミニマリスト」で愛用の無印良品アイテム、少ない服や物の暮らしを発信している。

このライターの記事一覧