ユニクロのフリース25周年!超おしゃれに進化していた
Chia
2019.10.24

今年で25周年を迎えたというユニクロの大定番・フリース。じつはデザインも生地も進化を遂げ、とてもファッション性の高いラインナップになっています。

大人シックなファッションに詳しいChiaさんが、ショールームにお邪魔し、進化したフリースアイテムをレポートしてくれました。

進化したフリースアイテム

ユニクロのフリース新作。ニットやジャケットのように着られる!

●フリースシャツジャケット(ユニクロ ユー)

フリースシャツジャケット筆者がとくに気に入ったのが、こちらのジャケット。一見するとフリースだとはわからず、圧縮ウールのような素材感なので驚きました。メンズのアイテムなのですが、写真のように袖を折って羽織るとマニッシュな雰囲気でかわいいです。

ブラウスやスカートなど、きれいめなコーディネートに合わせてもすてき。細身のパンツと合わせたり、ワンピースの上に羽織ってもよさそう。マスタード以外にも、ベージュやダークブラウンといった今年のトレンドにぴったりな色がそろっています。

・フリースシャツジャケット(長袖) 4990円(+税)

●ボアフリースフルジップパーカ(UNIQLO and JW ANDERSON コラボ)

ボアフリースフルジップパーカボアフリースのボリューム感を生かした、立体的なシルエットがかわいいジャケット。ややドロップショルダーでアームホールにゆとりを持たせているため、程よく「抜け感」が出るのがポイントです。

大人も着られるカジュアルジャケットポケットの切り替えやパイピングなども細部までこだわっているため、大人も着られるカジュアルジャケットに仕上がっているのは、さすがJW ANDERSONのデザイン。

キャンプなど、アウトドアがお好きな方にもオススメ

・ボアフリースフルジップパーカ 4990円(+税)

●フリースプルオーバー(UNIQLO and Engineered Garments コラボ)

フリースプルオーバー発売前から期待の高かったNYのブランド、Engineered Garmentsとのコラボレーションです。メンズのコレクションですが、どのアイテムもユニセックスに着られるデザイン。

そのなかでもプルオーバーは、ファーのようにやわらかい素材になっていて、とても着心地がいいのです! 肩のボタンや胸のパッチポケットなど、細かなディテールを取り入れたデザインもほかにはなかなかなく、ぜひ手に入れたい一着。

・フリースプルオーバー 1990円(+税)
※店舗により在庫状況が異なります

●ボアフリースVネックフルジップカーディガン

ボアフリースVネックフルジップカーディガンよりシンプルなデザインの上着をお探しの方にオススメなのが、ノーカラーのボアフリースカーディガン。前から見るとやや短めですが、後ろは長めの丈になっていて、どんなボトムスともバランスよく合わせやすいのがうれしい。

ジップアップやラグランスリーブで、スポーティーさを残したトレンド感のあるデザインになっています。キャンプやアウトドアなどパーカーに代わる、肌寒い時期の羽織ものとして活躍しそう!

・ボアフリースVネックフルジップカーディガン 2990円(+税)

●ボアフリースプルオーバー

プルオーバー毛先が丸まった、プークレー素材のように見えるプルオーバーです。フリースというとアウターのイメージが強いですが、今期のユニクロでは、ニットのように見えるフリースがたくさんそろっていて、トップスとして一枚で着られるものも多いです。
コートの下はニットが多いという方も、今年の冬は暖かくて軽く、自宅で洗えるフリース素材を取り入れてみてはいかがでしょうか?

・ボアフリースプルオーバー 1990円+税
※一部店舗のみで販売

実際に手にとってみると、言われてみるまでフリースだとわからないほど、素材感やデザインがさまざまで驚かされます。よりおしゃれになったユニクロのフリースで、ぜひお気に入りの一着を見つけてみてくださいね。

●教えてくれた人
【Chiaさん】

84年生まれ、2児の母。元セレクトショップ店員で、シンプル&シックなコーディネートに定評がある