女性も顔そりを!3週間に1度で肌の透明感がアップ
福村美由紀
2019.09.11

どうも最近化粧のりが悪くてファンデーションが浮いてしまう、美白コスメを使っても顔色がくすんでいる…それはもしかしたら「顔そり」で改善するかもしれません。

貝印広報の竜崎絵里佳さんに、顔そりのメリットと方法について聞きました。

顔をそる様子
顔そりで透明感アップ!

老舗刃物メーカーに聞く、意外な顔そりのメリットとは?

肌の明るさがアップしたり、メイクのりがよくなるだけでなく、余計な角質を落として透明感のある肌が目指せるなど、顔そりにはメリットがたくさんあります。
“毛の流れに沿ってそる”、“カミソリを持っていない手で皮膚を引っぱる”など、コツをおさえれば簡単に顔そりができますよ。

●顔そりのメリットとは?

・肌の明るさがアップし、透明感のある肌に
顔のうぶ毛処理後は、肌の明るさやキメがアップ。さらに、うぶ毛をそることで、毛穴が引き締まって見えるうれしい効果も。

・メイクのりのいい肌に
うぶ毛をそる際に、うぶ毛だけでなく、くすみのもととなる古い角質や毛穴汚れが除去されるので、透明感のあるツヤ肌につながります。血色感のあるすっぴん風メイクで仕上げるのもおすすめ。

・くすみのないツヤ肌に
顔そりをした肌は、ファンデーションがうぶ毛にジャマされず、生え際まで均一に肌にフィットするので、時間がたってもムラが抑えられます。また、ファンデーションが毛穴に溜まりにくくなり、メイク崩れも防げます。

専門家に教わる!顔そりの正しい方法

●おでこ・眉

眉毛を手入れする様子
眉の下も上から下に向かってそります。
髪の生え際を1cmほど残して額の輪郭をそり、あとは眉に向かって下にそっていきます。このとき眉の上も1cmほど残しましょう。
眉の下も上から下に向かってそります。

●頬・こめかみ
頬は、目の下の頬骨のあたりを内側から外側へ向かって1回そり、あとは上から下に向けてそります。
こめかみも、髪の生え際を1~1.5cmくらい残し、上から下に向けてそっていきます。

●鼻・口・あご

口角の付近をそる様子
口角の付近は、外側から内側に向かってそるのが正解!
鼻筋は上から下へ、小鼻は横に倒しながら、鼻の丸みに沿って上から下に向けてそります。同様に、鼻の下も、唇に向かって上から下にそります。
口角の付近は、外側から内側に向かってそっていきます。

●フェイスライン
フェイスラインも、上から下に向けてそります。あごやあごの裏側も、上から下にそりましょう。
同じ場所を何度もそらずに、1回でそり終えることが、肌にダメージを与えないポイントです。

こんなときどうする?顔そりQ&A

顔そりについて気になることを竜崎さんに質問してみました。

・正しい顔そりの頻度は?
顔のうぶ毛の毛周期は約20日間。「3週間に1度」を目安にケアしてください。

・顔そりにおすすめのアイテムは?
最初は敏感肌用カミソリを選びましょう。
貝印の「プリティー 敏感肌用フェイスL」は、刃先を包むガードの間隔が狭くて肌あたりが優しく、お肌への刺激が気になる方、初めての顔そりが不安な方におすすめです。

・顔そり後の正しいスキンケアとは?
濡れタオルで顔をふいてきれいにした後、化粧水で肌を整えます。化粧水はアルコール成分の入っていないものがおすすめ。
最後に乳液やクリームで肌を保湿します。
普段のスキンケアを少し丁寧に行うイメージです。

・顔そりNGのときって?
生理中や日焼け後は肌が敏感になっているので、顔そりを控えてください。

●教えてくれた人
【竜崎絵里佳さん】

カミソリなど刃物の専門会社として100年以上の歴史がある貝印の広報担当。女性用の顔そりアイテムやむだ毛処理の仕方、カミソリの使用法に詳しい。

<取材・文/福村美由紀>