日常だけでなく災害時にも!ドライシャンプーの実力を試してみた
2019.06.03
  • この記事を
    シェア

水を使わない「ドライシャンプー」をご存知ですか? 最近ではヨガやランニングをする女性が増え、洗い流す必要がないためニーズが高まっているそう。
熊本地震を経験した熊本市在住のライター松野久美さんは、日常使いはもちろん、防災グッズとしてもおすすめといいます。

美容好きでもある松野さんが、最近お気に入りというドライシャンプーをレビューしてくれました。

ドライシャンプー

ポーチに入れて持ち歩きたい!見た目がかわいいドライシャンプーの実力は?

「スキューズミー」のドライシャンプーは、スプレータイプ(50g 800円+税)とシートタイプ(20枚入り 540円+税)の2種類。どちらもピンク×ゴールドの大人かわいい見た目にひかれます。香りも2種類あり、女性らしい香りがふんわり漂います。

今年は5月でも東京で30℃近い夏日を記録。夏が前倒しになっているように感じます。レジャーでベタついたとき、梅雨のジメジメ気分をふっしょくしたいときに向けて、今から準備しておくのがおすすめです。
ではさっそく、一日洗わなかった髪でレポートしてみます!

●スプレータイプは手軽に使えてリフレッシュできる!

スプレータイプ使い方は簡単。髪をダッカールなどで留めて頭皮にスプレーしたら、指でもみ込みます。スプレーした部分が瞬間的に湿ってひんやり! 速乾性があるので頭皮はすぐに乾いて、ベタつきが消えて髪はふんわり。
ジムや職場にロッカーがあれば、常備しておけば気になったときに使えます。

●シートタイプはより爽快感がUP!

シートタイプボディ用の汗ふきシートのように、ゴシゴシ使えるのがポイント。
耳後ろや襟足など、狙ったところをダイレクトにふき取れるので、スプレータイプより爽快感を得られます。
汗で束になった前髪もシートで軽く挟んでふき取れば、少しするとサラサラ前髪に元どおり。

ボディ用の汗ふきシートのよう場所を気にせず使えるので、アウトドアで汗をかいたとき、焼肉屋に行ってニオイが気になったときに、サッと取り出してケアできます。
また、長時間のフライトを要する海外旅行にも活躍するはず!

●汗のニオイと混じらない! 女子力が上がる香りをまとえます

スプレータイプ香りは2種類香りは2種類あり、どちらもイヤな汗のニオイや体臭と混じることなく、むしろ最初から女性らしい香りをまとっているかのよう。

シートタイプ香りは2種類左のラベンダー色は、上品な甘さが漂う「フルーティブーケ」。重めの色っぽい香りなので、大人っぽい自分を演出したいときにぴったり。

右のピンク色は、ハスの香りのする「ロータスフラワー」。さわやかで香りが軽やかなので、日中に使うならこちらがおすすめ。

じつは私は2016年の熊本地震の際、断水してお風呂に入れなかった期間があり、その際にシートタイプのドライシャンプーがとっても便利でした! ただそのときに使ったのは、介護シーンのイラストが描かれていたもの。
「スキューズミー」のようにかわいらしい見た目のものがあると、災害時など不自由な状況のときに気分が上向きになると感じました。

頭皮がさっぱりして髪もサラサラふわふわになるので、ぜひ試してみてください。

●教えてくれた人
【松野久美さん】

熊本市在住。東京での女性誌の編集・ライターの経験を生かし、熊本と東京のさまざまな媒体で編集・ライターを担当。