今年らしいおしゃれは、ゴツめスニーカーを主役にしてキマる
2019.06.04
  • この記事を
    シェア

今年はスニーカーが大流行中。今までパンプスやローファーが多かった方も、ぜひ挑戦してみて!
「ゴツめのハイテクスニーカーを履けば、一気におしゃれに!」と教えてくれたのは、スタイリストの石井あすかさん。とっておきの3足を教えていただきました。

今年らしいスニーカーの履きこなし方を知りたい!

ソールにやや厚みがあり、足元にボリュームが出るハイテクスニーカーがトレンド。足首をチラリと見せて軽やかに履くのが、バランスのよいコーデをつくるコツ。ボトムは、足首が見える丈を選んで。

●上下の服のトーンをそろえて靴が主役のコーデに

上下淡い色のシンプルな服と合わせて、足元を主役のコーディネート
靴を主役にするコーデが今年らしさ
上下淡い色のシンプルな服と合わせて、足元を主役のコーディネートに。靴にボリュームがあるので、ボトムはすっきりとした細みのパンツと合わせると、バランスよし!

・シャツ ¥24840(ティッカ/リフラティシップスたまプラーザテラス店)
・パンツ ¥16200(モナーム×ビームスライツ/ビームスライツ渋谷)

<白ベース&オレンジのひもが大人らしいアクセントに>

ソールフューリー
Reebok
幅広いコーディネートに合わせやすいのはやっぱり白ベース。蛍光カラーのオレンジのひもがスタイリッシュな印象に。

・ソールフューリー ¥10789(リーボック/リーボックアディダスグループ)

●重くなりがちな黒スニーカーには鮮やかな服で抜け感をプラス

黒スニーカーを鮮やかな色のワンピースと合わせる重く見えがちな黒スニーカーこそ、思いきって鮮やかな色のワンピースと合わせて。足首がチラリとのぞく丈なら、抜け感もキープできるので、軽やかに着こなせます。

・ワンピース ¥4309(アースミュージック&エコロジーナチュラルレーベル/アースミュージック&エコロジートーキョーソラマチ)
・ストール ¥7344(マーファ×ビームスライツ/ビームスライツ渋谷)
・バッグ ¥2149(GU)

<黒の厚底スニーカーなら最旬のスタイルに>

ダッドスニーカー
GU
今年旬の“おじさん”風スニーカー。ボリュームのあるデザインながら、ほっそりしたフォルムでキレイめ感もキープしてくれる一足。

・ダッドスニーカー ¥3229(GU)

●リゾート風ワンピースがタウン仕様に変身!

エスニック柄ワンピとハイテクスニーカーを合わせるエスニック柄ワンピのリゾート感を抑え、タウン仕様にしてくれるのも、ハイテクスニーカーの得意ワザ。今年らしい太めのパンツとの組み合わせは、足首が見える丈が好バランス。

・ワンピース ¥39960(ヴィドヴァンスター/リフラティシップスたまプラーザテラス店) 
・パンツ ¥24840(アシェット/リフラティシップスたまプラーザテラス店)
・帽子 ¥20520(マチュアーハ/リフラティシップスたまプラーザテラス店)
・タンクトップ(スタイリスト私物)

<どんなコーデにも寄り添うなじませ役のグレーコンビ>

ナイトジョガー
adidas Originals
ゴツめデザインでも重く見えず、幅広いコーデになじむ、グレー×白のコンビスニーカー。メッシュ素材で履き心地も快適。

・ナイトジョガー ¥17280(アディダスオリジナルス/アディダスジャパン)

<撮影/大森忠明 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【石井あすかさん】

上品で洗練されたスタイリングが人気。体型の悩みが増える大人世代からも信頼が厚い。著書に『石井あすかの小柄な大人が素敵に見える着こなしのルール』(宝島社刊)がある

石井あすかの小柄な大人が素敵に見える着こなしのルール


おしゃれを自由に楽しみましょう!40代、50代のお悩み解消!