GUの2490円ワンピースは、1枚でも羽織りでもかわいく決まる
ヤベミユキ
2019.04.26
  • この記事を
    シェア

もうすぐ大型連休、夏のような陽気も後押しして、夏らしいアイテムが気になります。そんなときに欲しくなるのはワンピース。

「でも、一歩間違えると部屋着っぽく見えたり、逆に気張りすぎて見えたり、さじ加減が難しいのもワンピースなんです」というのは、元アパレル販売員のイラストレーター・ヤベミユキさん。
さりげなく夏らしさが出て、着まわしも効くワンピースをプチプラで探してくれました。

GUのワンピースは「半分あけ」「全とじ」「羽織り」で違った顔に!

夏らしさはしたたかに取り入れる季節の変わり目に気分を変えたいときは、1枚で完結するワンピースが頼りになりますよね。しかし1枚で完結するからこそ、カジュアルすぎると部屋着のように見えたり、デザインが主張しすぎると、一人でリゾート感出すぎて周りから浮く…。
なんてことないですか?
私はある!

できることなら、季節を先取りして夏らしいムードも取り入れたい。しかし、あくまでさりげなく。
もちろん今年らしさもほしいし、可能であれば着まわしも効いてほしい。
そんな都合のよい服は、あるんでしょうか。じつはあるんです。

それがGUのフロントボタンワンピース。

今年はフロントボタンがトレンドでもあるので、まず一枚で今年らしくなる。
シンプルなデザインながら、ウエストからギャザーで広がるスカートがほんのりロマンチックでテンションが上がります。
前開きなので、前をあけて羽織ったりと着まわしが効くのもうれしいところ。
さらにシルクのような生地で高見えもするので、プチプラ感のさじ加減が難しい大人の方にもおすすめです。

●デニムレイヤードは甘辛ミックス

デニムレイヤードは甘辛ミックス<コーデで使ったアイテム>
・GU フロントボタンワンピース (2490円+税)
・GU スキニージーンズ (1490円+税)
・GU 2WAYレースタンクトップ (990円+税)
・GU ミニショルダーバッグ (990円+税)
・GU スポーツサンダル (1990円+税)

ロマンチックなナチュラルカラーのワンピースはデニムやスポーツライクな小物を合わせてカジュアルミックスすると着やすいです。
デニムはワイドでもかわいいのですが、迷ったらスキニーを選べば間違いないと思います。
フロントボタンは上半分だけ留めてスリットからデニムがのぞくようにすると、腰位置が高く見えるのでおすすめ。

●一枚でお嬢様コーデ

一枚でお嬢様コーデ<今回のコーデで使ったアイテム>
・GU フロントボタンワンピース (2490円+税)
・GU 2WAYレースタンクトップ (990円+税)
・ZARA レオパード柄クロスボディバッグ (4620円+税)
・GU アンクルストラップサンダル (2490円+税)

フロントボタンワンピースはボタンを全部とじてシンプルに一枚で着てもとても上品です。
レースのインナーや華奢な小物を合わせてお嬢様風に合わせてみてください。
シンプル&上品でデートにもおすすめのコーデ!

●ゆるっとはおってエフォートレスに

ゆるっとはおってエフォートレスに<今回のコーデで使ったアイテム>
・GU フロントボタンワンピース (2490円+税)
・ユニクロ ベルテッドリネンコットンワイドストレートパンツ(2990円+税)
・GU ワッフルタンクトップ (990円+税)
・ZARA ハーフムーン型ナチュラルクロスボディバッグ(4620円+税)
・GU エアリーエスパドリーユフラットサンダル(1490円+税)
・ZARA プリント地スカーフ (1842円+税)

羽織りものとして着てもかわいいフロントボタンワンピース。
あえてワイドパンツに合わせてゆるっとしたシルエットを楽しんではいかがでしょう。
ベージュ×ホワイトのワントーンコーデは、簡単なのに上級者のようなこなれた雰囲気に見えちゃいます。
洋服の色味が淡い分、柄やカラーの小物でアクセントを入れると締まります。

今回ご紹介したフロントボタンワンピースは3000円以下で着まわしも無限大。カラーもブラック、ナチュラル、オリーブの3色展開でどの色も使えそうです。
また、ワンピースは一枚で完結する分、サイズ感が合っていないとだらしなく見えるので、可能であれば店頭で試着してみてくださいね。

※商品価格は取材時のものです
※ここで紹介したアイテムは、仕入れの状況などによって同じ商品が店頭にない場合や、販売終了している場合もあるのでご了承ください

●教えてくれた人
【ヤベミユキさん】

イラストレーター。某有名化粧品メーカーに数年、某有名セレクトショップに十数年勤めたのち、イラストの世界へ転身。美容、ファッションイラストを@miyukiooo.yのIDでインスタグラムに発信。WEBメディア「DRESS」「michill」でもイラストコラムを執筆中