やせる必要なし!着こなしだけで-5kgを実現する着やせワザ
ESSE編集部
2019.04.08
  • この記事を
    シェア

新学期を迎え、第一印象が気になる時季。そこで、ダイエットや高い化粧品に頼らずに、印象を変える方法をお届けします。
忍耐が必要なダイエットをしている暇はない! という人へ向け、今テレビでも大活躍中の服飾戦略スタイリスト・窪田千紘さんに、着こなしを変えるだけで「やせる」方法を教えてもらいました。

着こなし次第でやせ見え
着こなし次第でやせ見えがかないます!
年を重ねて体型が変わるのは当たり前! 大人は無理してやせなくていい!

「年齢とともに体型が崩れて、なにを着ても似合わなくなってしまった」「がんばってダイエットしてもなかなか体重が落ちない…」
 そう悩む大人の女性に対して「無理してやせる必要はありません!」と窪田さんは言います。

「年を重ねて、体型が変わっていくのは自然なこと。今の年齢や体型に合った着こなしを取り入れれば、実際にやせなくても、すっきりと見せることができます」

無意識の太見え&老け見えにご注意! 「大人着やせコーデ」で重要な3つのポイント

では実際どのように洋服を選び、着こなせば、体がすっきりと見えるのでしょうか。
普段、無意識に着ているコーディネートは、もしかして太見え&老け見えの原因になっているかもしれません。

大人がついやってしまいがちな「損しているコーデ」の具体例をもとに、窪田さんに指導していただきましょう!

●その1:サイズ「ボディラインを拾わない、服の中で体が泳ぐサイズ感を選ぼう!」ボディラインを拾わない

サイズが変わることに抵抗があり、「まだ着られるから」と、昔のサイズを着ていませんか?
ジャストサイズをとおり越して、ピタピタに見えているかもしれません…

体のラインを拾わないサイズ大人のトップスは、「体のラインを拾わないサイズ」が正解。
「服の中で体が泳ぐくらいのサイズを選んで。ボトムスはそのまま、トップスだけ変え、さらに裾や袖をまくって手首と足首を見せてみます。グッと細見えしますよ」

●その2:丈感「時代が出やすい丈感には注意。トレンドの長め丈を選ぼう!」

チュニック+レギンスのコーデ20年前に流行った短めチュニック+レギンスのコーデ。
動きやすいし、気になるおなかやお尻を隠せるのでつい着てしまいがちですが、短い丈感に時代が出て、おばさん見えしてしまいます。

チュニックはひざ下まで隠れる長さが今のトレンドチュニックはひざ下まで隠れる長さが今のトレンド。
「丈を長くして長方形のラインをつくると、洗練された印象に。レギンスもフルレングスを選べば、古くさく見えません」

●その3:組み合わせ「カジュアルにカジュアルを掛け算するのは危険! 女性らしいアイテムを投入しよう」

カジュアルなスウエットにジーンズカジュアルなスウエットにジーンズは、若い頃は着られても、大人になると着ぶくれして見えたり顔映りが悪くなったりと、一歩間違えると安っぽい印象になってしまいます。

体が美しく見えるフェニミンアイテム大人が頼るべきは、体が美しく見えるフェニミンアイテム。
「たとえばレースのスカートなどフェミニンなアイテムを取り入れれば、スウェットと合わせてもだらしなく見えません」

ESSE5月号ではこのほかにも、ESSE読者が実際に着やせに挑戦したりと、第一印象をアップさせる「ずぼらイメチェン術」を多数紹介しています。ぜひそちらもチェック!

<取材・文/ESSE編集部 撮影/難波雄史>

ESSE5月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/木村文乃

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!