年間6万円以上の節約!セルフカット&カラーを実践してみた
2019.02.22
  • この記事を
    シェア

毎月の美容室代はばかになりません。たとえば毎回ヘアカットが5000円としたら、毎月通うと1年で6万円の出費に。カラーリングやパーマをかけると拘束時間も長く、お店への往復時間を含めて何時間も家をあけることに。

「それが、自宅でできるとしたら、時間もお金もかなり節約できると思いませんか?」と語るのは、「ものが少ない暮らし」を提唱するミニマリストの本多めぐさん。

今回は多忙な主婦だからこそチャレンジしてほしい、セルフカット&カラーリングについて詳しく語っていただきました。

ヘアカット
難しそうなえり足のカットも慣れれば簡単!

セルフカット&カラーは節約効果大!外出が難しい方にもおすすめ

セルフカットは、時間とお金を節約できます。美容室に行く時間を計算してみると、カットとシャンプーで1時間ほど、さらにカラーリングをすれば往復の移動時間も含めると、3時間以上はかかります。

その点、自宅でセルフカットをするなら、片づけを入れて1時間もあれば十分。忙しい自分に時間をプレゼントすることができるのです。また、育児や介護でゆっくり美容室に行けない方にとって、そもそも家をあけなくてよいのは大きなメリット。

子連れで行けるサロンもありますが、自宅でお子さんが寝ている時間などにカットが終わった方が負担にならないと思います。
お子さんが小さいうちは、お母さんが髪の毛を整えてあげることもあるでしょう。すでに家に道具があれば、それを使ってすぐカットできます。

お金面では、カット料金を一回5000円として、毎月通ったとすると年間で6万円の出費に!
近くにお気に入りのサロンない場合、往復の交通費だってかかりますよね。それだけ大きな節約効果があるとなると、チャレンジしてみたくなりませんか?

●カットは動画を見て学ぶ

セルフカットのテクニックは、YouTubeの動画をお手本にするとよいでしょう。ボブやロングヘアなど、まっすぐ切るなら自分や家族でもできます。夫に切ってもらうのもいいですね。

初めてカットする方へのアドバイスとして、いちばん大事なのが「少しだけ長めに切る」。これだけ覚えておけば大丈夫です。切りすぎたら元に戻せませんからね。
ちょっと失敗したと思ったら、後ろの部分の微調整だけ、家族にお願いしてみてはどうでしょうか。

また、大幅なカットは美容室にまかせて、合間にちょこちょこ切るときだけセルフカットにすると大失敗を防げます。
また、セミロング以上の長さがある方は、髪を束ねれば多少失敗してもわかりません。少し安心したでしょうか?(笑)

セルフカットはよいことづくめですが、デメリットは、最初に道具をそろえる必要があること。あと片づけも少し面倒です。

参考のため、私が持っている道具をご紹介します。
ハサミは、Amazonや楽天などのネットショップを見ると、1000円程度で売っています。すきバサミ1本あれば大体まかなえるので、初期投資1000円でOKです。たりなければ徐々にそろえていけばよいと思います。

すきバサミは100円ショップにもありますが、固くて使いにくい場合もありますので、いろいろ試してみてくださいね。

また、切るときに髪を留めるクリップがあると便利です。クリップは100円ショップで購入しました。

また髪の毛が服につくと、ガムテープなどで取るのが大変ですので、ケープも必須。ゴミ袋を切って代用することもできます。
なるべく大きめのケープ(またはゴミ袋)で体をおおい、裸足で短パンをはくなど、髪の毛が服につかない工夫をするとあと片づけがラクですよ。

●自宅でカラーリングも習慣に

カラーリングもヘアカットと同様に、お金と時間のダブル節約になります。
美容室なら数千円かかりますが、セルフならカラーリング剤の費用だけ。数百円から千円程度のものでしっかり染まります。

カラーリング剤を選ぶコツは、使いきりタイプだとショートカットの場合などに使いきれずムダが出るので、使いかけで保存できるものを選ぶこと。

私は、天然成分でつくられていて、髪にダメージを与えない「ヘナ」という粉状のカラーリング剤を使っています。ショートヘアの私は2~3回に分けて使えるのでムダがありません。実際に染めてみた写真はこちら。

【Before】

白髪ビフォーもみあげを中心に白髪が目立ってきました。

【After】

白髪アフター白髪が自然になじみ、目立たなくなりました。

私はこれで満足ですが、一度でしっかり色をつけたい場合は、天然のヘナより、合成のカラーリング剤がおすすめです。また、自宅で染めた場合は、待ち時間を自由に過ごせるメリットがあります。

わが家は、夫婦ともに自宅で染めています。染めている間は自由に過ごせますので、家事もできますし、夫はパソコンで仕事をしています。美容室の待ち時間が苦手な夫は、家で仕事しながら染められるのがとても助かるそうです。

注意点は、ヘナで染める場合、泥のような状態なので、洗い流すときに10分以上かかります。飛び散ると床や壁を汚す可能性もあるため、あと片づけの時間と手間は必要です。

しかし、カットよりはカラーリングの方が圧倒的に失敗が少ないですから、お金と時間を節約したい方はぜひチャレンジしてみては。

今年の秋には消費税も上がるので、なるべく出費を減らしたいところ。そんなときこそ、今まで当たり前に使っていた、お金と時間を見直してみませんか。

●教えてくれた人
【本多めぐさん】

北海道在住のミニマリスト主婦。合理的でお金のかからない暮らしを提案するブログ「ミニマリストは世界を変える!」を更新中