1. トップ
  2. 美容・ファッション

1000万円貯めた人のファッションは、シンプル&ミニマムだった!

ESSE編集部
2019.09.18
  • この記事を
    シェア

おしゃれなんて気にしない! 髪の毛を振り乱してせっせと節約に励む毎日…。今どきのスマート主婦は、そんな節約とは無縁です。

それどころか、1000万円貯めた人の中には、おしゃれにムダがない! という事実が発覚。ファッションも楽しみつつ、節約の成果もあげているケースを紹介します。

1000万円貯めた人は…じつはオシャレにムダがなかった!

貯めた人ほどファッションはシンプル&ミニマム。少ないアイテムを最大限に生かすコーデ術を取り入れていました。

帽子をかぶった女性の後ろ姿
シンプルなコーデを小物使いのセンスで格上げ!

●ポイント1:ベーシックカラーと差し色の組み合わせで着まわす

「この冬は、コート2着、トップス4着、ボトム4着の10アイテムで乗りきる予定」と話す加藤美紀(仮名)さん。
ワードローブは年間をとおしてネイビー・白・グレーの3色が中心。デザインも超定番のシンプルなものばかりで、柄はボーダーとチェックのみ。

「身長が150cmくらいなので、こだわっているのがサイズ感。必ず店頭で試着してフィット感とバランスを確かめ、丈や袖が少しでも長ければ必ずお直ししています。定番的なアイテムばかりなので、どの組み合わせでも着まわすことができるのがポイント。そこに緑や赤の小物を加えて変化をつけるのが私流です」

ネイビーとグレーのコーディネートコートと短め丈のグレーのニットはSサイズが豊富な『SLOBEIENA』で購入。『アーバンリサーチ』のネイビーのワイドパンツは買ったらすぐにお直しに出し大胆にカット。モードな雰囲気に。

ニットとデニムにストールをあわせたコーディネート『アーバンリサーチ』のオーバーサイズのグレーのニット、『REDCARD』の細めのデニムに、緑のストールを合わせて。

ボーダーに白パンツのテッパンのスタイル
ネイビー×白の定番スタイルを赤のストールで格上げ
ボーダーに白パンツのテッパンのスタイル。トレンドのタータンチェックの大判ストールとボアのモカシンで、さわやかな冬スタイル。

●ポイント2:シューズやバッグなどの小物は定番アイテムを長く使う

「その年限り」のものには興味がないという加藤さん。とくに小物類はどんな洋服にも合う定番アイテムを選び、長く使うために手入れをしながら愛用しています。
「小物は数より質だと思っているので、少し奮発していいものを。結局は5年、10年と使えておトクです」

シューズが並んでいる様子どんなコーデにも使えるコンバースのオールスターはヘビロテアイテム。
右から/『ミネトンカ』のボアのモカシン、『コンバース』の白ローカット&黒ハイカット、『レペット』のバレエシューズ。モカシン以外は季節を問わず、オンもオフも使うことができるものばかり。
「子どもと過ごすことが多い今は、ペタンコ靴オンリーです」

キャンパス素材のトートバッグと黒のバケツ型ミニバッグ普段は汚れたら洗えるキャンパス素材のトートバッグがメイン。黒のバケツ型ミニバッグは『アーバンリサーチ』で購入。お出かけにも重宝しているそう。

【加藤美紀さんのプロフィール】

・加藤美紀さん(仮名・神奈川県・42歳)
・家族構成/夫(44歳)、長女(11歳)、二男(7歳)の4人家族
・最高貯金額/1000万円
・達成までの期間/15年

お金をかけなくても、センスしだいでおしゃれは楽しめます。
お気に入りのコーデを着こなして、毎日が楽しく過ごせたら、日々の貯蓄もスムーズになりそうですね。

『年金、増税・・・不安に負けない! お金が貯まる!! ベスト技180(別冊エッセ)』(扶桑社刊)では、このほかにも「1000万円貯めた主婦」の「地味だけど実際貯まったコツ」が続々登場! さらにESSEで人気の「運も味方につける!みんなの『貯まる習慣』」や「プロがやっている節約術」など、お金を貯めたいときに役立つ記事が盛りだくさん! 難しくなくて今すぐできる「貯めワザ」がザクザクです!

<撮影/キムアルム 取材・文/ESSE編集部>

金、増税・・・不安に負けない!お金が貯まる!! ベスト技180(別冊エッセ)

暮らしを楽しみながらしっかり貯めている人の貯め技は、やっぱりスゴい!

購入