大人はこう着る!コーデュロイ&レザーの冬コーデ
  • この記事を
    シェア

2019.02.01

寒いけれど、おしゃれはしたい! そんなとき、おしゃれさんたちはどんな着こなしをしているのか、ESSE取材班が街角でキャッチ!
ここではコーデュロイとレザーの着こなし上級者に注目しました。

冬素材の代表格コーデュロイ。素材感を楽しむ着こなし

あったかカジュアルの代表格、コーデュロイ。ナチュラルカラーを重ねて素材感を楽しむのが大人コーデのコツです。

●コーデュロイのW使いともこもこアウターで色味を抑えても表情豊かに

キャップ女性久保木裕美さん(37歳)
帽子とスカートがコーデュロイ。
「アースカラーで全身をまとめました。お気に入りのスニーカーは夫と色違い」

キャップ
キャップはカジュアルコーデのまとめ役に
冬らしい素材で遊べば、ワントーンでも地味コーデを回避できます。

<Brand list>
・ボトムス/ニコアンド
・帽子/チャンピオン
・アウター/ユニクロ
・トップス/ユニクロ
・バッグ/パタゴニア
・シューズ/ニューバランス

●ハイウエスト&ワイドなコーデュロイパンツでスタイリッシュに

ハイウエスト女性石井千恵さん(37歳)
「モノトーンが好きで、小物も服も黒が多め。甥と一緒なので動きやすいパンツと合わせました」

手時計
インパクト大のアクセサリーでコーデを格上げ
シンプルだからこそ、存在感のあるアクセサリーと、チェーンバッグが映えます。

<Brand list>
・ボトムス/ケー
・グロース
・トップス/ディーホリック
・バッグ/ドノバン
・シューズ/オリエンタルトラフィック
・アクセサリー/ブレスレット、リング(右手):フィリップオーディベール、(左手):ドノバン

●ボリューミーなダウンの内側はタイトスカートですっきりIラインシルエット

白ブイネックシャツ女性黒木あゆみさん(33歳)
「あったか素材で防寒を重視(笑)。アウターにボリュームがある分、Vネックの首元で抜け感を出し、タイト幅のスカートで着ぶくれを防止」
さりげないカラーリンクもおしゃれです。

<Brand list>
・ボトムス/ネットショップで購入
・アウター/デュベティカ
・トップス/アズールバイマウジー
・バッグ/フェールラーベン
・シューズ/ナイキ

ハードなレザーは、シルエットや小物使いでフェミニンさをプラス

主役級の存在感があるレザーアイテムはハードになりすぎないよう、シルエットや小物使いでフェミニンに仕上げるのがおしゃれ上級者です。

●ライダースジャケットにフレアな裾のスカートで、女性らしさをほどよくミックス

黒レザー女性小川直子さん(38歳)
マニッシュな印象が強いレザージャケットに、ベージュのフレアスカートを合わせて優しげな印象に。
「レオパード柄のミニバッグは着こなしのポイントになるので重宝しています」

<Brand list>
・アウター/フリークスストア
・トップス/スローブイエナ
・ボトムス/ブランド不明
・バッグ/エルベシャプリエ
・シューズ/オリエンタルトラフィック

●レザーパンツにプラットフォームシューズ…。強めアイテムは定番色で

レザーパンツ女性石井田麻衣子さん(34歳)
サイドが編み上げのレザーパンツに、光沢感あるアウター、厚底靴と、トレンド要素の強いアイテムはモノトーンと紺でまとめています。

フォームシューズ
パテント素材がクールなプラットフォームシューズ
「息子の服とも色味をそろえたリンクコーデにしてみました」

<Brand list>
・ボトムス/ZARA
・アウター/ディーホリック
・トップス/H&M
・バッグ/バレンシアガ
・シューズ/ZARA

※おことわり/掲載しているアイテムはすべて本人私物です

<撮影/難波雄史 取材協力/三井ショッピングパーク ららぽーと TOKYO-BAY、二子玉川ライズ 取材・文/ESSE編集部>