定番のボーダートップスを飽きずに何通りも着まわす
ESSE編集部
2019.04.10
  • この記事を
    シェア

着まわしに役に立つからと定番アイテムを購入したはいいけど、結局いつも同じ着こなしになってしまう…。そんなお悩みをもっている方は、ファッションインスタグラマーとして人気な田中亜希子さんの着まわしテクニックを参考にしてみませんか?

「小物使いとヘアアレンジで印象をガラッと変えられます」と田中さん。
ここでは定番のボーダーカットソーの着まわし術を伺いました。

田中亜希子さんが、定番アイテム・ボーダーカットソーを何通りにも着こなします

ボーダーカットソー
定番のボーダーカットソーを飽きずに着まわす
だれもが1枚は持っているボーダーカットソーは、田中さんも欠かせない定番アイテム。
「ピタピタすぎない、丸めのゆったりとしたシルエットが今のトレンド。ピッチの幅は細めだと、キレイめにもカジュアルにも着こなせます」

●赤リップとベレー帽で華やかさアップ

ベレー帽と赤いリップを合わせるカジュアルなボーダーカットソーに、ベレー帽と赤いリップを合わせ、華やかな大人っぽさを演出。
「ベレー帽が甘い雰囲気になるので、コンパクトにまとめた髪でメリハリを出します」

コンパクトにまとめた髪でメリハリを出すサイドでひとつ結びにし、ゴム下に毛束を丸めて入れ込み、ピンで固定します。

●メガネ×オールバックでマニッシュスタイル

メガネ×オールバックでマニッシュスタイル前髪を後ろに流してオールバックにし、さらにメガネを合わせるとマニッシュなスタイルに変身!
「髪全体にワックスを手グシでつけ、濡れたような質感にし、女性らしさもプラスします」

●スカーフを巻いて大人チャーミングに

スカーフを巻いて大人チャーミングに一見高度に見える柄×柄の組み合わせは、シンプルなボーダーなら、テクニックいらず!
「スカーフはふんわりはおって前で結ぶだけ。ボーダーとスカーフの柄の色を同系色でまとめると統一感が出ます」

ヘアはショート風にヘアは分け目をセンターパートにし、クールな印象にチェンジ。ひとつ結びにした毛束をゴム下に丸めて入れ、ピンで固定してショート風に。

●キレイめコーデにはハーフアップと大きめイヤリング

キレイめコーデタイトにまとめたハーフアップと、旬の大きめのイヤリングを合わせ、キレイめカジュアルが完成。
「これなら、ボーダーでもちょっとしたお出かけにだって対応できますよ!」

ハーフアップと大きめイヤリングハーフアップに結んだ毛先は、キュッと小さくお団子に。ゴム下に折り込んでピンで固定し、顔回りの後れ毛を引き出します。

<撮影/林絋輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【田中亜希子さん】

身長145cmと小柄ながらもニュアンスのあるヘアアレンジや小物使いなど、バランスのとれた大人ファッションが大人気。インスタグラムのフォロワー数は17万人。著書に『大人の“可愛げ”は「抜け感」でつくる』(KADOKAWA刊)などがある

大人の“可愛げ”は「抜け感」でつくる 大人の“可愛げ”は「抜け感」でつくる


目指したいのは“可愛い人”より“可愛げのある人”。39歳、2児の母akiicoのマイルール。大人の“可愛げ”をつくる83の方法。