3児の母でもくびれはつくれる!簡単ながらトレーニング
  • この記事を
    シェア

2019.03.16

家事や仕事で忙しくしていると、運動やエクササイズの時間をしっかりとるのが難しいもの。

「いつもの家事や移動中も、“ながらトレーニング”時間として活用できます」と話すのは、モデルや女優などから絶対的な信頼を寄せられているトレーナーの村田友美子さんです。

ここでは村田さんに、忙しい時間も有効活用する“ながらトレーニング”のコツを教えてもらいました。

3人の子育て中でも“ながらトレーニング”なら体型をキープできます

その美しいウエストから“くびれ母ちゃん”と呼ばれ、モデルやタレントから絶対的な信頼を寄せられているトレーナー・村田友美子さん。3人の子育てと仕事との両立で大忙しの日々のなか、美ボディをキープする秘密は、姿勢を意識した“ながらトレーニング”にありました。

村田さん自転車にのる
移動中や家事のあいだもながらトレーニングできる!
たとえば、通勤時の自転車は姿勢を意識!
「背骨を伸ばし、首を少し後ろに引き、膣を座面で引き上げるイメージで自転車に乗ります。こぐときは、前ももを使わず、お尻を突き出すようにして動かすのがコツ」だそう。
じつはほんの数年前まで運動が苦手でぽっちゃり体型だったという村田さん。体への向き合い方が変わってからボディラインがみるみる引き締まり、今では動くことが楽しくて仕方がないと言います。

「ぽっちゃり体型の頃は体に合わなくて諦めた服もありましたが、今はどれを着てもゆるいので洋服選びが楽しいんです。プチプラファッションでもスタイルさえよければ、おしゃれに見えます。35歳でトレーニングを始めるまで、スタイルをほめられたことのない私でも、変わることができました。いくつになっても、運動が苦手でも、忙しくても、体への意識次第でだれでも美ボディは手に入ります」

村田友美子さんの平日スケジュール

5:45 起床お弁当、朝食づくり

7:00 子どもたちを送り出す・朝食

8:00 自転車で出勤

9:00~13:00 レッスン

14:00 ランチ

15:30 子どものお迎え

16:00 子どもと過ごす

18:00 夕食づくり

19:00 夕食

20:00 子どもと入浴、寝かしつけ

22:00 翌日の準備、勉強など自分の時間

0:00 就寝

●起きてすぐさゆを飲んで内臓を温める

グラス1杯のさゆ村田さんの朝は1杯のさゆから始まります。
「夏でも冬でも、朝起きたら、必ずさゆを飲みます。内臓が温まると、朝から血流がよくなりますし、お通じも促してくれますよ」

●調理中は内ももの間にペットボトルをはさみ、膣を引き上げる

村田さんキッチンでお料理調理中はももの間にペットボトルをはさみ、膣の引き上げを意識。
「ペットボトルを落とさないよう、内ももに力を入れます。膣の引き上げと太ももの内側の筋肉トレーニングに」

●信号待ちで電柱を使って胸の筋肉を伸ばす

村田さん電信柱でストレッチ村田さんの美ボディづくりには、筋肉ほぐしも欠かせません。
「信号待ちの時間は、電柱に手をついて胸をはり、かたくなりがちな胸の筋肉をストレッチ。肩凝りもラクになります」

●階段はお尻を引き上げるようにして上る

村田さん階段でストレッチ階段上りのコツは、お尻で体を引き上げるように上ること。

村田さん階段を大股で上がる「前ももに力が入らないように、お尻で体をもち上げるように大股で上ります。階段を100段上っても疲れません(笑)」

<撮影/林絋輝 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【村田友美子さん】

41歳。「yumicorebody(ユミコアボディ)」主宰。夫、長男(12歳)、長女(10歳)、二男(6歳)の5人家族。初の著書『くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング』(光文社刊)がベストセラーに

くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング

VERYモデル&スタッフも実践するメソッドを集約。「体幹トレーニング」は、お家で家事や育児をしながらだってできる!口癖は「膣をしめて!」