GUの最旬ニットを着回し!ファッションライターが手持ち服で検証
小川聖子
2018.10.04
  • この記事を
    シェア

GUの最新ニットが本当に「使える」のかどうかを、多数の女性誌で活躍するファッションライターが手持ち服にあわせて検証してみました。

試してみたのは、今年らしいゆったりしたシルエットのブラウンとグレーのニット。価格は、それぞれジャスト1990円! いくらお手ごろ価格でも、着方が難しかったり、着回しにくいアイテムは、買ってもタンスの肥やしになってしまいます。
果たしてこれらのニットは、リアルな着こなしのなかで使えるのでしょうか?

今年らしいブラウンのハイネックニット、果たしてその着回し力は?

ブラウンのハイネックニット・オーバーサイズハイチュニックニット(¥1990+税)

まずは、ブラウンのカラーが今年らしいハイネックニット。びっくりするほどなめらかな手触りで、素肌に着てもチクチクしません。ボディラインを拾わないゆったりとしたシルエットは体型が気になる大人女子でも着やすそう。背中側は長め、フロントは短めの着丈なので、裾をボトムに入れてもすっきりと着こなせます。

●茶系チェック柄のタイトスカート

茶系チェック柄のタイトスカート茶系チェック柄のスカートと合わせたコーディネート。落ち着いた印象で着やすいですが、ニットの色味がトレンド感たっぷり、けっして地味になることなく、しっかりおしゃれ感を主張できます。レースアップのおじ靴やステッチバッグでさりげなくポイントをつくれば、すぐお出かけできそうです!

●ここ数年人気のふんわりプリーツスカート

茶系チェック柄のタイトスカート白ベースのスカートは、何色のトップスを合わせてもまず失敗することはありませんが、こんな旬カラーのブラウンなら、シックで上品な印象に見せられます。
ちょっと大きめサイズのニットと落ち感のあるスカート素材の組み合わせも、ほどよいメリハリが。小物をドット柄にも使われている黒で統一すれば印象も引き締まります。

●濃色のワイドシルエットのデニム

ワイドシルエットのデニム無地同士のコーディネートには、パイソン柄のパンプスをアクセントに。今年らしい、レオパードやチェック柄などのパンプスでもよさそうですね! デニムは濃色だと落ち着いた印象で着こなせます。

●今年再び注目されている、ショートパンツ

ショートパンツカーキのショートパンツと合わせると、全身がアースカラーで統一され、ぐんと秋冬らしいコーディネートになりました。無地同士のコーディネートなので、こちらもチェック柄のネルシャツをアクセントに。
チェック柄シャツは腰に巻いたり、寒くなったら中に着て、袖をまくって柄を見せてもおしゃれ!

ということで、結論は「かなり使える!」。このニットを手に入れて損はありません!

ゆったりシルエットが旬!一見着やすそうなグレーのVネックニットの真の実力は?

グレーのVネックニット・オーバーサイズVネックニット(¥1990+税)

お次はこちらのVネックニット。こちらもトレンドであり、どんな世代の女性でも着やすいゆったりとしたシルエット。ざっくりリブでカジュアルな表情ながら、丸みのあるコクーンシルエットが女性らしさも演出できます。

それでは、こちらもさっそくコーディネート。

●濃いピンクが華やか!フェルト素材のロングタイトスカート

ロングタイトスカート優しげなニットのグレーが、スカートのピンクの派手さを落ち着いた雰囲気にセーブしてくれています。
パンプスで女性らしく仕上げてもよさそうですが、ざっくりニットのカジュアル感に合わせて、足元は白の厚底シューズに。ほどよくアクティブ感のあるお出かけコーデが完成しました。

●グレンチェック柄のプリーツスカート

プリーツスカートグレーなら、流行のワントーンでまとめてもさりげないので、「いかにもおしゃれしています!」という照れくささもなし。足元で色を差せば、印象がぼやけてオバ見えしちゃう、なんて失敗も回避できそう。

●ストンとしたシルエットの淡色シガレットジーンズ

シガレットジーンズグレーの淡い色味に合わせて、デニムも薄ブルーを選んでみました。肌寒くなったら、こんなブルゾンやMA-1を羽織っても似合いそうですね!

●旬色グリーンのタイトスカート

旬色グリーンのタイトスカートバリエーション豊富なカラーアイテムに心ひかれる今シーズン。
ついつい買ってしまったトレンドの華やかグリーンのスカートも、やわらかなグレーニットが受け止め、リアルな着こなしに着地させてくれます。

ということで、こちらも結論は「買って損なし!」。

以上、GUの旬ニットの使い勝手に関する大検証でした! 皆さんもぜひGUで、「使えるニット」を探してみてくださいね。

【小川聖子さん】
アパレル企業に勤務したのち、女性誌のライターに。現在は『with』『mamagirl』を中心にファッションやインタビュー記事などの編集、ライターを務める。instagramアカウント:@seikoo0826