涼しさとかわいさを両取り!ゴム1本で大人のお団子ヘア
ESSE編集部
2019.08.26

暑い時季は、やっぱりまとめ髪が涼しげ。
好感度ヘアの伝道師、長井かおりさんがおすすめするのは、ゆる感がすてきな大人のためのヘアアレンジ。ヘアゴムたった1本でつくれて、難しいテクも不要。なのにワンランク上の華やかさが手に入ります!

お団子女性正面から
お団子アレンジで涼しげに!

基本を覚えれば、一生困らない!長井かおりさんに教わる ヘアゴム1本で大人のゆるアレンジ

夏だからとブラシできっちりヘアをまとめると、かた苦しいばかりか、老けた印象に…。「おしゃれに見せるためには、少しのコツが必要です」と長井さん。その方法はとても簡単!
「ヘアゴム1本で髪をギュッと結んだら、少しずつ引き出すだけ。この基本を応用すれば、さまざまなバリエーションを楽しめます」

ポイントは、結ぶ前にワックスやバームをもみ込み、後れ毛はねじってニュアンスを出すこと。こうすると抜け感が出ておしゃれに。
「ただし、引き出す髪のベストバランスは人それぞれなので、鏡で確認しながら練習を重ねて自分らしさを追求しましょう。ふんわりやわらかいラフな雰囲気は、好感度も抜群。人生まで変わると思いますよ!」

長井さん流アレンジの基本はこちら!

(1)ワックスをもみ込む

女性両手で髪を持ち上げる
寝グセはついたままでOK!
ワックスを適量取り、手のひらをこすり合わせて指先から指の間までなじませたら、髪を下から持ち上げて、バサバサと振りながら根元中心に髪全体にワックスをもみ込む。

(2)ゴムでしっかり結ぶ

横顔女性ポニーテールクシやブラシを使わず、手グシで髪の毛をひとまとめにし、毛束の根元を太めのゴムできっちり結ぶ。崩れ防止のため、ゴムは少しきつめに巻くこと。

(3)髪を引き出してニュアンスを出す

横顔女性右手で髪をつまむゴムの結び目を手で押さえながら、逆手の爪の先でつまむようにしてトップやサイドの髪を少しずつ引き出し、膨らみを出す。もみあげなどの後れ毛は、指先でねじって束感を出すと、おしゃれで小顔な印象に!

お団子ヘアはギュッと丸めないのが「大人かわいい」の新ルール

それでは、冒頭のふんわりお団子ヘアをつくってみましょう。
ギュッと強く丸めてつくると子どもっぽい印象になるので、大人はこの“ラフ感”が肝。巻きつけた毛先をゴムの中に入れ込んで丸みを形成するだけ、と簡単です!

後ろ向き女性お団子作成途中(1)髪の毛全体を手グシでまとめ、高い位置でゴムできつめに結び、毛束を輪にしてまとめる「ゴムシニヨン」をつくる。

後ろ向き女性両手でお団子作成途中(2)(1)のゴムシニヨンに毛束をねじりながら巻きつけ、毛先をゴムに入れてお団子をつくる。

斜め後ろ女性両手でお団子つまむ(3)お団子を指先で崩し、ふんわりさせる。このときお団子から毛先が出てきたら、再度ゴムに入れ込む(指先にバームやワックスをつけておくとまとめやすくなる)。

斜め前女性お団子ふんわりつまむ(4)お団子の結び目を押さえながら、前から見たときに全体がふんわり丸いシルエットになるようにトップ、サイド、バックの髪を爪の先で少しずつ引き出し、後れ毛はねじる。

お団子ヘア横から完成です。サイドから見た図はこちら。

<撮影/天日恵美子 モデル/石上智恵子 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【長井かおりさん】

美容界の注目を集める、人気ヘア&メイクアップアーティスト。目からウロコのテクが満載の『必要なのはコスメではなくテクニック』(ダイヤモンド社刊)のベストセラーが話題に