頭皮が乾くといい髪が生えない!うるツヤになるドライヤーのコツ
  • この記事を
    シェア

2018.08.24

エアコンや紫外線の影響で、髪は乾燥しがち。じつは、髪そのもののうるおいはもちろん、頭皮のうるおいも大切です。

「頭皮のうるおいが不足すると、いい髪は生えません。ドライヤーで乾かしすぎないよう注意しましょう」と話すのは、人気ヘアサロン『AMATA』の代表を務める、毛髪診断士の美香さん。

シャンプー後のドライヤーのかけ方に、うるおいをキープするコツがあります。プロのヘアケア術を詳しく教えてもらいました。

“乾かしすぎない”ドライヤー方法で頭皮の乾燥を防ぐ

1:タオルドライ後、粗めのコームでとかす

コームをつかった女性
ドライヤー前に粗くとかしておくのがコツ!
抜け毛を取り除くため、毛先から粗めのコームでとかしていきます。分け目をしっかりつけたい場合は、この段階でつけるとあとがラクになりますよ。

2:髪の根元からドライヤーをスタート

髪の根元から ドライヤーをスタート乾きにくい髪の根元に温風が当たるよう、髪をすくい上げながら乾かしていきます。風の向きは、キューティクルの向きに沿って必ず上から下へ。ドライヤーを軽く振り、1か所に温風が当たり続けないようにするのが、頭皮の乾燥を防ぐコツです。

下から上へドライヤーをかける女性下から上へ風を当てるのはNGです。

3:根元部分が乾いたら中間部を乾かす

根元部分が乾いたら 中間部を乾かす根元が乾いたら、髪の中間部を乾かしていきます。ここでもドライヤーの風の向きはキューティクルの向きに沿って上から下へと当ててください。

4:中間部が乾いたら毛先を乾かす

中間部が乾いたら 毛先を乾かす毛先を指ではさみ、軽く伸ばしながら毛先にドライヤーの風を当てます。乾きにくい衿足や耳の後ろの、乾かし残しもチェックしてくださいね。

5:仕上げに冷風を当て髪にツヤを出す

仕上げに冷風を当て 髪にツヤを出す仕上げに、毛先を軽く引っぱりながら、ドライヤーの冷風を髪が冷たくなるまで当てましょう。キューティクルが引き締まり、ツヤが出ます。

もっと知りたい!頭皮&髪ケアQ&A

そのほか、ヘアケアに関する疑問に、美香さんが答えてくれました。

Q:毎日髪を洗っているのにベタつきます

地肌をティッシュでふく女性汗をかいた日やベタつきが気になるときは、ノンアルコールのウェットティッシュで頭皮をふき、さっぱりさせましょう。

Q:頭皮や髪によい食べものはありますか?

タンパク質やビタミン、ミネラルをバランスのよい食事から摂取してください。欠乏しやすい鉄や亜鉛は、サプリメントで摂取しましょう。
こまめな水分補給も、頭皮のうるおいキープに役立ちます。

Q:シャンプーは朝と夜どちらがよい?

美髪のいちばんの敵はストレスです。疲れたときは無理して洗わず、翌朝洗えばOK。自分にとってストレスのない方を選びましょう。

●教えてくれた人
【美香さん】

毛髪診断士。育毛メニューが充実した東京の人気ヘアサロン『AMATA(アマータ)』の代表を務める。髪や頭皮のケアは究極のアンチエイジングとして、いち早くヘッドケアや育毛メニューを導入。積極的にセルフケアアドバイスも行う。

<撮影/鈴木希代江 モデル/宮本りさ 取材・文/ESSE編集部>