不器用さんでも、ゴム1本で再現できる!好感度の高いヘアアレンジ術
2018.08.02
  • この記事を
    シェア

累計20万部のベストセラーとなった、美容本が話題の長井かおりさん。美容に苦手意識がある人でも、すぐ実践できるメソッドが人気です。

そんな長井さんがこの夏おすすめするのは、ゆる感がすてきな大人のためのヘアアレンジ。ヘアゴムたった1本でつくれて、難しいテクも不要。なのにワンランク上の華やかさが手に入ります。

長井かおり
ヘアゴム1本でできるポニーテールで、涼しげアレンジ!

ポニーテールは中心からずらして結ぶだけで華やかに!ヘアゴム1本でできるヘアアレンジ

夏だからとブラシできっちりヘアをまとめると、かた苦しいばかりか、老けた印象に…。

老けた印象に…「おしゃれに見せるためには、少しのコツが必要」と長井さん。
「髪をギュッと結んだら、少しずつ引き出すだけ。この基本を応用すれば、さまざまなバリエーションを楽しめますよ」

●ポニーテールは中心からずらして結ぶのが新ルール

長井さんに、この夏にぴったりのおしゃれポニーテールを教わりました。

「きっちりまとめがちなポニーテールは、結び目を『ずらす』&毛先を引き出して『崩す』のルーズ感を加えるだけで、華やかな雰囲気に。仕上げに、顔回りの後れ毛にニュアンスをプラスすると、ラフな流れが出て自然に見えますよ」

耳の上から手を入れ、髪全体を耳の穴の延長線上に向って持ち上げる(1) 耳の上から手を入れ、髪全体を耳の穴の延長線上に向って持ち上げる。手グシで、ラフな感じでまとめるのがコツ。

毛束は、中心から少しずらしてゴムで結ぶ(2) (1)でまとめた毛束は、中心から少しずらしてゴムで結ぶ。結ぶ位置をずらすことで、正面から見たときにポニーテールの毛束が見えて、華やかな印象になる。

全体にふんわりしたふくらみを出す(3) 結び目を押さえながら、トップ、サイドの髪を爪の先でつまむようにして少しずつ引き出し、全体にふんわりしたふくらみを出す。

ポニーテールの毛束を毛先から根元に向けて指でしごくようにして逆毛を立て、ボリュームを出す(4) ポニーテールの毛束を毛先から根元に向けて指でしごくようにして逆毛を立て、ボリュームを出す。顔回りの遅れ毛は指先でくるくるとねじってニュアンスを出して完成。

「ふんわりやわらかいラフな雰囲気は、好感度も抜群。ヘアゴムたった1本でできるアレンジで、人生まで変わると思いますよ!」と長井さんは言います。

ESSE9月号「長井かおりさんに教わるヘアゴム1本で大人のゆるアレンジ」では、ほかにも「くるりんぱハーフアップ」や「大人かわいいお団子ヘア」など、簡単なのにおしゃれなヘアアレンジを紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

●教えてくれた人
【長井かおりさん】

美容界の注目を集める、人気ヘア&メイクアップアーティスト。目からウロコのテクが満載の『必要なのはコスメではなくテクニック』(ダイヤモンド社刊)のベストセラーが話題に

<撮影/天日恵美子 スタイリスト/鈴木亜希子 モデル/石上智恵子 取材・文/ESSE編集部>

※この記事はタイトル、本文に誤りがあったため、8月3日11時21分に修正しました 

ESSE9月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/上野樹理

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

必要なのはコスメではなくテクニック


毎朝のメイクは、極上の自分になれるトレーニング