今買うべき靴は「とんがりフラットシューズ」!透け感でさらに夏らしく
  • この記事を
    シェア

2018.06.12

夏のおしゃれ達人への近道は「足元を変えること」。いつものコーディネートに旬の夏靴を加えれば、全身が今年らしく見違えます。
流行感があってラクちん、しかも1万円以下の夏靴をお届けします!

※ヒールのあるものは、( )内に編集部調べの高さを表示しています

「とんがりフラットシューズ」を投入するだけで、いつものコーデが今年らしさ100%に!

低ヒールで歩きやすいぺたんこシューズ。従来のフラットシューズ、バレエシューズといえば丸いトゥ(つま先)が定番でしたが、今年はとんがりタイプがトレンド!
すっきり見え、オンもオフも使えます。凝ったデザインや、きゃしゃに見える透け感がポイント。

●シャープなトゥとメタリックなバイカラーがふんわりスカートを大人顔に

ひとクセありが今年らしい!
ひとクセありが今年らしい!
シルバー×ホワイトの2色使いにおしゃれ感が漂う一足。輝きいっぱいのメタリック感がカラースカートの華やかさをさらに引き立てます。流行のピンクスカートはもちろん、合わせる色を選ばないのもうれしい。

メタリックなバイカラー・靴(1cm) ¥5400(イリマ/イーボル) ニット ¥3900(ギャップフラッグシップ原宿) ※一部店舗のみ販売 スカート ¥5389(スタディオクリップ/アダストリア)

●夏らしいビタミンカラーのフラット&バレエシューズ

いつものラクちん靴が、とんがりトゥになるだけでトレンド感満載。夏ならではの元気な色で、足元から元気に。

とんがりフラットシューズ・A:夏らしいカジュアル感や軽やかさが魅力の色落ち系デニム素材。切りっぱなしのフリルは、足元のほどよいアクセントに(1.5cm)
¥5900(オリエンタルトラフィック/ダブルエー)

・B:今季トレンドカラーの黄色を濃淡で組み合わせ。ツイードとエナメルのコンビが、コーディネートを格上げしてくれます(2cm)
¥7452(イリマ/イーボル)

・C:ラクちん靴の代表、バレエシューズが大人女子も履きやすいとんがりトゥに進化。薄ピンクのエナメルで、上品さをプラス(1cm)
¥6372(ジョリーアンコール/シャルロット)

・D:夏らしい開放感が楽しめる、エスニックなプリント柄。履き口をかがったワザありステッチで、足元から個性を主張します(2.5cm)
¥6372(エスペランサ ルミネエスト新宿店)

・E:キラキラと輝くラインストーンが視線をキャッチ。フラットシューズのリラックス感があるから、デイリーに履きこなせます(1cm)
¥8400(マミアン/マミアン本店 カスタマーサポート)

●今年のフラットシューズは、“透け感”もトレンドキーワード

ビニールやレースなど、透け感のあるものも、涼しげに見えておしゃれです。ビジューやカッティングで少しだけゴージャスに。

プラス“透け感”がトレンドキーワード・F:ブラックデニムベースでかっこよく履ける! 辛口のチェーンと、サイド部分の透明なビニール素材で、さりげなく旬を演出(1cm)
¥7452(カミーユビスランダ)

・G:今季注目のビニール素材を、甲やサイドにあしらったきゃしゃな印象のパンプス。ビジューとの相乗効果で女らしさも存分に発揮(2cm)
¥7452(ジェリービーンズ)

・H:どこか懐かしいカットワークディテールが再び流行最前線に。夏の着こなしにレトロな女らしさや軽やかさを与えてくれます(2cm)
¥5292(センスオブプレイス/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店)

・I:ほんのり肌が透ける上品な白チュールに、取り外しできる四角いオーナメントがモダンなアクセントで、エレガントな存在感(1cm)
¥7452(ジョリーアンコール/シャルロット)

・J:白地に黒のドット柄は夏ならではのさわやかさ。トゥやかかとは透けないスエードで、ケアがイマイチ心配な日も素足でOK(2.5cm)
¥5292(ジュゼ/ビス)

・K:印象の強い黒レースは、足元で小さく取り入れると上品。デニムなどカジュアルアイテムと合わせれば甘さを引き算できます(2cm)
¥8424(ビーミング by ビームス/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店)

●定番デニムコーデがシースルーのドット柄で今年らしく!

今年らしく!デニム×ブラウスのシンプルなコーデに足元でひとクセプラス。ほんのり肌が透けるチュール素材も、ガーリーなドット柄も今年ならでは! 流行感たっぷりの足元で、定番の着こなしがあか抜けます。

足元でひとクセプラス・靴(1.5cm) ¥6372(ランダ) ブラウス ¥3132(ビス) デニムパンツ ¥7452(バックナンバー/ライトオン) バングル ¥3240(ビーミング by ビームス/ ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店)

<撮影/大森忠明 取材・文/ESSE編集部>