アイシャドウひとつで春気分!おすすめはつややかな質感の“緑茶カラー”
  • この記事を
    シェア

2018.03.18

暖かくなり、洋服が明るい色、鮮やかな色に変わるのにともなって、メイクも春らしい色に更新したいもの。このときぜひ注意してほしいのが、「昔買ったアイシャドウをずっと使っている」という人です。

「もったいないから…と使い続けていると、いつの間にか“古くさい顔”になってしまいます」と、美容ブロガーの悠美さんは指摘します。

そこで、悠美さんが「新しい質感で、トレンドど真ん中!」とおすすめする、最新アイシャドウを教えてくれました。

最新アイシャドウ

日本人の肌色に合うグリーンのアイシャドウパレット

ようやく春の息吹を感じられる季節になってきましたが、皆さん、メイクも春物にチェンジしていますか? とくにアイメイクを変えるとぐっと春らしさをプラスできます。

さて、アイシャドウというとなかなか使いきれず、以前買ったものをそのままずるずると使用しているという方も多いのでは。
しかし、アイシャドウは年々進化しています。一見似た色でも、質感で「時代感」が表れるもの。「なんだかメイクが古くさいな…」と感じている人は、もしかしたら使っているコスメのテクスチャーが粉っぽいのかもしれません。

私が最近、進化を感じたアイシャドウは、ルナソルの春の新色、マカロングロウアイズ。愛用しているのは02番GREEN TEAです。

ルナソル マカロングロウアイズ・ルナソル マカロングロウアイズ 5400円

グリーンのアイシャドウは、流行のイエローにも合いますし、ピンクベージュよりメイクを変えた印象をさっと与えてくれるのでおすすめ!
こちらのマカロングロウアイズは、指で塗ってOKなのもうれしいポイント。とくにハイライトにあたる右上の色は、指で塗る方がつややかに発色します。

驚くのは、その粒子の細かさ。指でつけるとより実感できますが、ぴたっと肌に吸いついてきめ細かく発色し、ヨレにくい! 塗っていて頬にパウダーが落ちてしまう、なんてこともありません。見たとおりに発色してくれるのも高ポイントです。

「お茶」をイメージした色グリーンといっても、こちらは「お茶」をイメージした色。外資系ブランドに多い、明るすぎるグリーンとは違って、肌なじみがいいのもうれしいですね。
昔はやったキラキラのラメ入りとはまったく違い、質感はとてもマット。ハイライトカラーを下に重ねると、マットが苦手な方でも自然に取り入れられます。
アイシャドウの進化を感じつつ、春メイクもアップデートしてみてください!

●教えてくれた人
【悠美さん】

『CLASSY』『Oggi』『25ans』『MAQUIA』などの女性誌で読者モデルとして活動。日本化粧品検定2級。1児の母。コスメやファッションについてつづるブログ「美人力追求」を更新中