取っ手が外せてこびりつきにくい、ティファールのフライパンを使い続ける伝説の家政婦・志麻さん。お気に入りのポイントやティファールのフライパンを使ったオーブン料理のレシピを教えてもらいました。

オーブン料理ができるフライパン

 

「取っ手のとれるティファール」は手放せない強い味方

「家政婦をしていて気づいたのは、重い鍋はしまい込んで使っていない方が多いこと。やっぱり軽い方が、調理するにも、あと片づけで洗うにも扱いやすいと実感しました。

今回紹介するオーブン焼きのように、こびりつくことなくおいしい焼き色をつけられることや、取っ手がとれるから、そのままオーブンに入れられることも、私がティファールを使い続ける理由」と志麻さん。

 

●お気に入りのフライパンはインジニオ・ネオIH ハードチタニウム・アンリミテッド セット6

フライパンセット
ラインナップ:フライパン22/26cm、ソースパン18cm、バタフライガラスぶた18cm、シールリッド18cm、専用取っ手1本 ガス火・IH兼用

最高レベルの「こびりつきにくさ」と「耐久性」6層からなるチタン・アンリミテッドコーティングは、ティファール史上最高のこびりつきにくさと耐久性を実現。摩擦耐久性を極限まで強化した、独自の新ハードクリスタル層の開発により、金属ヘラなどによるダメージに対する耐久性が飛躍的に向上。使いはじめのこびりつきにくさが長く続きます。

志麻さんが愛用しているティファールのフライパンをもっと詳しく!

 

●特徴1:こびりつかないからきれいな焼き色に

きれいな焼き色も簡単!
食材の焦げつきがなくストレスゼロ。

「こびりつくと、おいしい焼き目がはがれてしまうんです。この滑りのよさは魅力」

 

●特徴2:取っ手を外せばオーブン調理もOK!

オーブン調理もできるフライパン
コンロだけでなく、オーブンでも大活躍。

「熱伝導率がいいから、素材にまんべんなく熱が入ってやわらかな仕上がりです」

 

●特徴3:できたてをそのまま食卓へ

そのまま食卓へだせるフライパン
アツアツがおいしいから、オーブンからすぐ食卓へ。

「取っ手がとれる&シンプルデザインのティファールならではの使い方」

 

●特徴4:お皿のように洗うのもラク!

洗うのもラクなフライパン
取っ手がとれるから、軽くて食器感覚で洗えて日常使いにぴったり。

「スポンジでやさしくなでれば、するりと汚れが落ちます」

 

●特徴5:すっきり収納で省スペース!

収納しやすいフライパン。

「収納場所の少ないわが家でも、重ねてすっきり収納できるのもうれしいポイントです」

豊富なラインナップをくわしくチェック

今すぐ買うなら公式オンラインショップへ

 

「取っ手のとれるティファール」を使った志麻さんレシピ2品

●豚ひれ肉とりんごのオーブン焼き

豚ひれ肉とりんごのオーブン焼き

豚肉とベーコンから出たうま味を、余すことなく!
フライパンごとオーブンに入れられるからこそのおいしさです。

オーブン料理ができるフライパン

材料(3~4人分 直径26cmのフライパンを使用)

  • 豚ひれ肉(ブロック)1本(500g)
  • ベーコン 7~8枚
  • 塩 ふたつまみ
  • こしょう 少々
  • りんご 2個
  • バター 20g
  • ローズマリー 2枝
  • サラダ油 大さじ1

【つくり方】

(1) 豚肉はペーパータオルで軽く押さえ、余分な水分を取り除く。両面に塩、こしょうをして下味をつける。ベーコンの幅に合わせるようにして繊維を断ち切る向きで7~8等分に切る(端の細いところは軽く切り目を入れて折り込み、他と厚みをそろえる)。それぞれベーコンを巻く。

(2) 取っ手をつけた直径26cmのフライパンにサラダ油をひき、(1)をベーコンの巻き終わりを下にして並べ入れる。中火にかけ、全面にまんべんなく焼き色をつける。

(3) りんごはそれぞれ皮と芯を取り除き、4等分のくし形切りにする。(2)のフライパンの隙間に並べる。

(4) りんごの上にバターをちぎってのせ、ローズマリーをのせる。200℃に熱したオーブンに入れ、取っ手を外して15~20分焼く。

 

●スパニッシュオムレツ

スパニッシュオムレツ

材料(直径22cmのフライパン1個分)

  • 卵 6個
  • なす、ズッキーニ 各1個
  • パプリカ(赤・黄)各1/2個
  • プチトマト 小さめ10個
  • 塩 ひとつまみ
  • こしょう 少々
  • オリーブオイル 大さじ3+小さじ1

【つくり方】

(1) フライパンにオリーブオイル大さじ3を熱し、なす、ズッキーニ、パプリカを大きめの角切りにしながら(なすはヘタを除く)、順に加えて中火で炒める。1種類加えるごとに塩ひとつまみをふりながら炒め合わせ、全体に油がなじんで少ししんなりしたら、トマトを温める程度にさっと炒める。

(2) ボウルに卵を割り入れ、塩とこしょうを加えて溶きほぐす。

(3) (1)のフライパンを強火にし、(2)を回し入れる。菜箸で大きく混ぜ、半熟になったら一度ボウルなどに取り出す。

(4) フライパンを一度洗い、オリーブオイル小さじ1をひいて強火でしっかり熱する。(3)を戻し入れ、両面に軽く焼き色をつける。

志麻さん愛用のティファールのフライパンはこちら

 

問い合わせ先/グループセブジャパンお客様相談センター 0570・077・772(9:00~18:00 土・日曜、祝日、グループセブ ジャパンの休業日を除く)