東大出身者初の落語家で、気象予報士や経済番組の司会者などで、幅広く活躍中の春風亭昇吉さん。子どもの頃から今まで、どんな家に住んできたのかインタビューしました。勉強しているときの環境や、東大出身者ならではの気になる点も伺います。

春風亭昇吉さん
東大出身者初の落語家、春風亭昇吉さん ©renji tachibana
すべての画像を見る(全8枚)

中学1年生の試験の結果で、勉強のスイッチがオンに

大学卒業後、春風亭昇太に弟子入りし、東大出身者初の落語家となった春風亭昇吉さん。落語家としてはもちろん、気象予報士や経済番組の司会者などとして、幅広く活躍中です。

そんな多才な昇吉さんが生まれ育ったのは岡山県。喫茶店を改装した一軒家で育ち、小さい頃から自分専用の子ども部屋があったそう。

遊ぶのはもっぱらその子ども部屋。3人兄弟の長男で、2人の弟とは6歳差、12歳差と年齢が離れています。

「ひとりっ子みたいなもんですよね。お山の大将。弟たちとも年が離れているから一緒に遊べないし、ひとりで遊んでいることが多かったですね」

小学生まではあまり勉強が好きではなく、お笑い番組に夢中になっていたという昇吉さん。ですが、中学生になって大きな転機が訪れます。

「中学生になって初めての定期テストで順位が張り出されたんですよ。田舎の普通の公立中学ですが、たしか130人中11番目という結果。がんばったら1番が取れるんじゃないかって思って、通信教育を始めました」

すると、みるみると成績が上がり、その後はほぼ1番をキープ。塾はほとんど利用せず、基本的に自分の部屋で勉強していたそう。

「高校生になってからは国語だけは全国1番レベルでしたね。国語ばっかり勉強していました。その頃から勉強するのが好きですね」

その後、大学入学を機に上京。大学の寮で4年間を過ごしました。

「完全個室のトイレ&シャワーつきでしたが、部屋にはベッドと小さい勉強机のみ。半畳くらいのスペースにトイレとシャワーが設置されていました(笑)」