イラストレーターの岩沢さんは、もとはシェルターに引き取られた保護犬だった柴犬系の雑種犬ふうちゃんとオットの3人暮らし。初めて保護犬と暮らす驚きを漫画でつづります。今回は、ふうちゃんならではの「季節の過ごし方」のお話です。

関連記事

大切な犬が迷子にならないために。保護犬との暮らしで実践する4つのこと

犬はコタツで丸くなる…?

マンガ
すべての画像を見る(全3枚)

●ふうちゃん流の季節の感じ方

ふうちゃんも季節に応じた涼み方・暖まり方をします。

暑い時期はフローリングで寝転ぶのがいちばん気持ちいいみたいです。冷感マットを買ったこともあったのですが、なぜか使ってくれず(わんこってそういうことよくありますよね…)、ずっとフローリング派。ふうちゃんが床でごろごろしている姿は、もはや夏の風物詩です。

コタツで寝る犬

数年前の冬からは、こたつに入るようになりました。「ここに入ると暖かい」といつのまにか学んだようです。

しっぽを出す犬

顔やしっぽだけ出してこたつに入っている姿はとてもかわいくて、見かけるたびに撮影しまくってしまうのでした。おかげで私のスマホの中には同じような写真がたくさんあります。

注:わんことこたつの組み合わせはとってもかわいいですが、こまめに様子を見たり温度を調整して、低温やけど・熱中症等にはくれぐれもお気をつけください。

 

50代からの毎日を応援する記事多数!「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら